FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

BURN THE WITCH 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


『BURN THE WITCH』2話・3話に対する海外の反応は?「久保帯人はキャラデザの鬼」




『BURN THE WITCH』1話に対する海外の反応は?「久保帯人なら間違いない」

かいちょく








このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「BURN THE WITCH」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

40代男性
フトモモむきだしの女の子が暴れまわる。日本作品らしくて良い


20代女性
のえるちゃんのあの無表情な感じの、クール美人が良いですね。
ドラゴンとか動物相手でも敬語で話しかけてるのも、キャラ的に凄くいい。
それに対する二ニーちゃんは、破天荒な感じで、正反対な2人だからバランス取れてるんですね。


20代男性
BLEACHの作者の久保帯人さんの新作なのですごく期待して見ましたが、期待以上の作品になっていました。
技の名前も久保先生っぽくてかっこよかったです。
原作は第二章も決定しているので非常にたのしみです。


20代女性
同じ原作者のBLEACHと似たバトルの雰囲気ではあるものの、こちらの方が好みには合っているかなーと感じました。
ドラゴンも魔法もワクワクする描かれ方だったのが良かったです。


20代男性
やはりBLEACHの作者が原作なので、キャラクターが覚えやすく大変魅力的。
展開もスムーズで、世界観も理解しやすく、子供から大人までかなり楽しめると思う。
映画館と配信サービス両方で見て、とても面白いと感じた。


40代男性
新橋のえるとニー二スパンコールがドラゴンを討伐するが。
頭を切り落としているのにそこから舌が動き出してダークドラゴンになって動き出していた。
これはすごく気持ち悪いと思った。
街の中でドラゴンが普通にあらわれるのもすごい設定だと思う。


40代女性
元々BLEACHが大好きで、久保先生の新作読み切りとしてこの作品を初めて読んだとき、すごい面白いと思いました。
それがアニメとして動いているのが見れたので嬉しかったです!
ニニーやのえるも魅力的なキャラクターだし、何より戦う少女はかっこいい。
オスシちゃんも可愛いです。


60代男性
リバースロンドンは魔法使いとドラゴンの世界で、フロントロンドンの人達はそれを全く知らないという設定なのかなぁ、ニニーがフロントロンドンをなんかバカにしていた感じだったのでそう思えたけど、どうかな。ニニーよりノエルの方が能力高そう、カワイイし。


30代男性
ドラゴンと少女の絆がみえるもので良かったです。
ヒロインがやさしくて可愛く、ドラゴンのデザインも目をひくものがありました。
よくある伝記のドラゴンとはちがった、やや異質なデザイン性がハマります。
アクションパートは迫力があって楽しめました。


30代女性
キャラクターたちもおしゃれで可愛くて良かったです。
とくに、モフモフしてそうな毛並みのおすしちゃんの可愛さにきゅんきゅんしました。
ファンタジーと現代っぽさが合わさった世界観に引き込まれ、今後の展開が気になりました。


30代男性
BLEACHの久保帯人の新作という事で期待して見ました。
アクションとテンポの良いストーリーを期待してましたが予想以上でした。
特に主人公二人組のキャラクターが魔女というより刑事みたいでバディものとしてとても楽しめました。


40代男性
1話となっているが、本作は劇場版しか存在しないため、そちらの感想を記載します。
敢えて以前に掲載されていた原作には触れず、当日映画館にいきなり見に行きました。
控えめに言って最高。
フロントのロンドンとリバースのロンドン、おとぎ話なんかクソでしょという久保帯人先生一級の煽りポエム等ケレン味たっぷりの作品。ドラゴンとロンドンとのつなげ方とか感心しかしない。2週間しか上映期間がないので、見逃し厳禁とまで言いたいところ。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

30代男性
表裏一体な主人公のしたたかな姿が展開されて美しさが感じられる序盤に思いました。
ストーリー的には始まったばかりでまだなんともコメントしにくいですが映像が他のアニメよりもシンプルかつ線が細い印象があって繊細な雰囲気が感じられました。


30代男性
ブリーチの続編ということなのでかなり楽しみにして見ました。
演出がオシャレというか他のアニメにはないかっこよさがあり続きが気になる内容でした。
あと主人公二人かわいいです。


50代男性
世界観が面白そうだと思います。
ただ単純にドラゴン討伐するだけということではなく、共存している世界のようなので今後の展開に興味があります。
少し魔法少女系の雰囲気があるので、個人的に興味が続くかどうかです。


50代男性
犬にしても鹿にしても、襲われたりして身の危険を察知すると羽が生えてくるのかな、ドラゴン付きのバルゴはヘマで超問題児っぽいから、抹殺されちゃう方向みたいだが、主役のニニーやのえるは助けて戦う展開なのか?


50代女性
ドラゴン犬のおすしってメチャかわいいけどこれもドラゴンなの?、ニニーが狩?をしてた羽生えた鹿はドラゴン鹿?、ニニー達って裏ロンドンでドラゴンを放牧する任務なのに狩なんてしていいのでしょうか?


20代男性
久保帯人さん原作ということでとても期待していました。
登場人物のキャラ1人1人ちゃんとたっていて流石だなと思いました。
作画も綺麗でカメラワークがすごくて思わず鳥肌が立ってしまいました。
声優さんのキャラとしっかりあっていて話も面白く伏線回収もすごかったです。
見て損のないアニメです。


20代女性
現代だけれどどこかファンタジーなバトルアニメということで、BLEACHの久保帯人先生らしいアニメだと思います。
ギャグとバトルが多く、見ていて飽きないテンポの良さはさすがです。
作品内の用語がまたかなり独特で難しいので、原作はまだ読んでいないのですが攻撃前の口上等、全文漫画で読みたくなりました。


40代男性
BLEACHの久保帯人が原作。
BLEACHと同じく能力系バトルだが、今回は女性主人公で魔女設定。
設定が凝っているので、若干わかりにくい。
作画はよくできているし、久保帯人作品をうまくアニメ化できている。
人気が出て長期作品になって欲しい。



つまらなかったのでもう見ない

60代男性
魔女、ロンドン、ドラゴン・・・。好きな人はいるかもしれないけれど、私は受けいられない。作画はいいけれども。


20代男性
非常に癖のある作画に癖のある設定のアニメです。
このようなアニメは好きな人はドはまりのアニメになるのでしょうがダメな人は全く別な評価になってしまう作品だ思いました。私の感想は後者です。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/1013-997aab33
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
Amazon2
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。