FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ワンダーエッグ・プライオリティ 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


【海外の反応】ワンダーエッグ・プライオリティ 第2話 『このアニメは、狂気と奇妙さと健全さのバランスが絶妙。』

アニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」第1話に対する海外の反応(感想) : 海外の反応で英語の勉強(TOEIC受験記)




【海外の反応】ワンダーエッグ・プライオリティ 第1話 『すごく不思議なアニメだ。結構好きかもしれない。』

ネット民の反応









このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「ワンダーエッグ・プライオリティ」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

20代女性
最初は明るい見た目で恐ろしい世界だと思ったけど、この世界で人助けを続ければ、お友達を救うことができるかもしれないっていう展開に、最後まで見たいと思いました。
小糸ちゃんがすごく気になる。


50代男性
ガチャ回してタマゴを手に入れるのかな、アイの前に回していたスタイルいい子、ずいぶんと欲張ってた~そんなに友達が欲しいんかいな。


40代女性
引き篭もりの少女が夜の散歩中に虫と戯れている時は暗い雰囲気で気が滅入りそうになりましたが、虫に誘われて不思議な卵を渡されるというファンタジーな展開に希望が見えました。臆病な性格のせいでなかなか卵を割らないけど、扉を開けたら別世界なんて素敵です、怖い世界に繋がっていましたが卵から出て来たのは友達になってくれる女の子なのは願いが叶って良かったです。襲ってくる女学生に立ち向かっていった時は感動しました、ちょっとの勇気で世界は変わるというメッセージが伝わってきます。いなくなった親友を取り戻す事が出来るかも知れないと期待して前に進むアイを応援したいですね。不思議な世界では何ともなかったのに現実では怪我してしまうのはビックリです、謎がいっぱいだけどアイが成長していくのを見るのは面白そうです。


60代男性
卵から何が生まれるのかと思ったら、同じ年くらいの女子だったのは意外でした、かわいいモンスターでも生まれて、友達のいない主人の傍に片時も離れずいるような展開を想像してました。果たしてアイは、親友のコイトを取り戻せるのかな?


30代女性
野島伸司さん脚本のドラマが大好きなので期待していましたが、ドラマとはまた違ったアニメならではの良さがありながら人間ドラマも描かれていて良かったです。


50代女性
題名からイメージしていたストーリーとは真逆でしたが、そこはやはり野島伸司さん脚本なんだなと納得。
小糸ちゃんが生き返る世界は、現実の世界なのか?着地点かどうなるか未知数です。


40代女性
さすが野島伸司さんの脚本ですね。面白くて奥が深いです。
見て見ぬふりをしてしまった主人公のアイが自分の中の弱さに立ち向かっていき、どう成長していくのかが楽しみです。


50代女性
なかなか前情報が出ない割に、ドラマ畑の大御所脚本家作!という点だけ騒がれてたので、これは期待値大きすぎて失敗する可能性もあるなあ…と思ってましたが、いざ始まると、すんなりサクサク話が進んで、考察好きも楽しめそうな作品でした。
とにかく作画がめちゃくちゃよくて、テレビ局の力の入れ具合が凄くわかります…このまま上手くまとめてほしい。


30代女性
PVを見た時から気になっていて、楽しみでした。
個人的に野島伸司さんはドラマの人と言う印象が強かったので、アニメーションの脚本を書かれたことに驚きました。
主人公は髪の毛の短い、オッドアイを持つ大戸アイさん。中高生くらいの年齢に見える。
外出時に身に着けている黄色の雨合羽?もしくはパーカーが特徴的。(オッドアイが綺麗だわ…)
道路で動けないカナブンを埋葬してあげたアイさんが優しい。
土へ埋めたカナブンが何故か動き出して、異世界の案内人のようなことをし始めた場面にはゾッとした。初回はサービスのガチャとか怖っ!。
謎の空間が現実世界に浸食して来たような地の底へ続くエレベーターの登場(どこへ連れて行かれるのだろう)。
どの場面を見ても絵が綺麗過ぎる…!劇場版かと思う表現。
嗚呼、アイさんは引きこもりではなく、不登校中なのか(生きづらいな)。
え!?家を出て2、3歩後には異世界(の、どこかの学校)に移動しているとか…どういう原理なのだろう。妄想?
うわぁああ…陰湿な攻撃場面に遭遇(これは主人公でなくとも出会いたくは無い場面)学校、怖っ!校内放送の内容が異様で、確実に視聴者のメンタルを削ってくる描写。
トイレ(個室)に逃げ込んだアイさん、(個人的にここの場面で天井から水だか血だかが、どばぁって降ってくるんかと覚悟をしたんだが、違って良かった)いつもの退避場所なのかな?
トイレットペーパーが喋り出したかと思えば、案内人の声で、カナブン媒体でなくとも喋れるんだ…!(発見)
案内人が早急に卵を割るように恫喝したのはビビった。
卵から生まれたのは人型の制服を着た少女、名前はサイジョウ クルミ。トイレで卵を割ったことについて文句を言われたアイさんがモヤモヤしている場面にふと、懐かしさを感じた。
校内放送で楽し気なファンファーレが鳴り響き(どうやっても不安を煽る)、追跡者?主犯格?とミテミヌフリ(大量)がわらわらとやってくる場面に気持ちが凍り付く。
鉈?か手斧をぶん投げてくる追跡者に負傷させられるサイジョウさん(がっつり出血する)。当たった瞬間に腕自体がもげるかと思った(心臓に悪い)。
サイジョウさんの台詞の「チャイムが鳴るまでとにかく逃げ続ける」という一言が重い、とても重い。学校に(心が安らぐ)居場所なんか無いって解る一言。
ロッカーが脱出口とか面白い。
学校でも何でも実際の現場に居合わせても「ミテミヌフリをすれば、襲われない(実害が発生しない)」って、悲しいが解りやすい台詞だなと感じた。
お葬式の白い花がたくさん散らばっている様子、綺麗にも思えるが、物静かな悲しさがある。
アイさんの回想場面に登場した転校生のナガセ コイトさん。自殺なのか他殺なのか事故なのか、亡くなった真相が気になる。
アイさんが髪の毛で目を隠しているのは(右向け右の学校=狭い世界では)オッドアイは目立つからなのか…(辛い)。
ナガセさん、自然な動きで手で足の甲に触れるとか、友達になろうよと言いながら(アイさんを)抱きしめるとか、百合っ子なのかな?(わっくわく)
主人公のアイがサイジョウさんを助けるために覚悟を決める場面、良いなあ。ただ、トサカに来たー!の台詞は、頭に来たー!の意味なのか(自分には難しい表現でした)。
サイジョウさんを助けたけんども、結局は、それは一時的なものでしかなかったという様子に絶望を感じた。
サイジョウさんの「私のこと、忘れないでね」の一言が悲しい。
現実世界に帰ってきたアイさんが(異世界で受けた傷と)同じものが身体の同じ部分に出ていて、影響あるじゃん!って突っ込んでしまった。


40代女性
初めは情報がなくてよく分からないまま見ていましたが、後半になって少しずつ情報が出てくると、アクションものでもあり謎解きものでもあるようなお話なのかな、と思いました。続きが気になるアニメでした。


30代男性
すばらしいの一言。世界観が独特で引き込まれました。
また、作品が全体的にとても丁寧に描かれておりまるで映画ですね。
最後の方の背景がまるで実写のレベルでびっくりしました。


20代女性
最初は一体どんな内容、話の流れになって行くのか全くわからなかったのですが、みていたら、いじめによる自殺からはじまっているんだなと思うと今の時代の問題にもとても結びつくし関心がもてました。今後どうなっていくかわかりませんが、友達を助けるために主人公が他の子達を助けていくのだとしたら、主人公の後悔だったり友達を助けたい気持ちだったり、今の子達に是非見て貰いたいと思います。


30代男性
夢と現実が交錯する不思議な世界観に魅力を感じました。
人の悪意が渦巻く夢の仲の世界も独特なもので印象的でした。キャラ絵が可愛らしいのもよかったです。


60代男性
【野島伸司】脚本という点で先ず気を惹かれました。
思っていたとおり内容は思春期の子供が抱えがちな問題を取り上げているようで、
一見ホラーのように見えますが、実写では難しく、アニメでしか表現しにくい抽象的表現が見事です。
実写では直接的すぎて重くなり過ぎてしまうテーマだからこそアニメでやる価値があると思います。
続けて観たいです。


20代女性
不思議な卵をもって街をぶらぶら、トイレットペーパーがいきなり喋った勢いで卵から生まれたのがまさかの人間でこれから楽しみです。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

30代男性
『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』など、社会に衝撃を与えたドラマを多数執筆した野島伸司が初めてアニメの脚本を手掛けた作品で、ドラマと同じようにいじめなどの社会問題を取り上げたアニメになっていそうな1話だった。面白そうなので視聴を継続したい。


30代男性
作画がかなりいいなぁ、キャラクターがみんな可愛いなぁと、口を開けながらぼんやり見ていました。素直に面白かったです!


30代男性
青沼ねいるなど個性的な名前とキャラクターが印象的で他のアニメ作品と比べて癖のある感覚がありました。
原作がないオリジナルということもあり導入から不可思議な展開になっていて神秘的な要素が感じられました。


30代女性
14歳の女の子が深夜の散歩に行くという設定に不満があるが、音楽や絵は綺麗なので、継続するつもりで観たい。


50代女性
コイトはなぜ死んだのか、アイと仲良くしたことでイジメにあったせいだろうか?それともアイに裏切られた?のが原因なのかしら?死んだ者を蘇らせられるの?


50代男性
野島先生の脚本と知ってビックリ! 久しぶりでしたが、雰囲気変わらず鬱要素が多々。
若い頃と違って耐性がないので完走できるかどうか不安です(1話からイジメと自殺シーンだもの…)まぁ、異世界物だからその辺は緩いと信じて見てみます。


20代男性
出来事の時系列がいまいち掴みづらく混乱したが、むしろその混沌さを楽しむ作品ではないのかと感じた。
「見て見ぬふり」のデザインは無機質的でありグロテスクで、サマーウォーズの敵キャラを彷彿とさせるような印象を受けた。


50代男性
原案と脚本が野島伸司さんということで、これは過激なストーリーになりそうだなと思っていたら、案の定、雰囲気がプンプンと漂うような初回でした。この先視聴するのが少し怖いのですが、いけるところまでいこうと思います。


30代女性
さすが野島伸司さん脚本ですね、綺麗な作画と可愛らしい女の子のキャラデザで安心しきって見ていましたが、早々に覆されました。ファンタジー要素が過酷な試練とどう合わさっていくのか楽しみです。



あと何話か見て面白くなければ切る

50代男性
これはちょっと、楽しみ方がよくわかりません。「今どきのアニメ」ですね。
もう見るのをやめようかとも思いましたが、最後に出てきた少女が少し気になったので、もう一話だけ視聴してみます。


20代男性
このアニメなんだかわからないまま一話が終わってしまいました。
つまり、ダメとまではいかなくてもいいとは評価できない一話でした。


30代男性
映像的には綺麗だしキャラデザインも好みなのですが、作家性が強すぎて理解できないというのが率直な印象です。2話目以降も同じような内容なら視聴を続けるのは厳しいと思います。


20代女性
正直なところ、1話の段階では面白いのかそうでないのか微妙な感じがしたのであと何話か観てみて切るかどうか考えようと思いました。


40代男性
ドラマで有名な野島伸司脚本のアニメ。
色々な表現方法はあるからいいのだけれども、これアニメでやる必要ある?っていうくらい野島伸司っぽい。
作画はすごいし、キャストも新人起用していて興味深いけれども
1話でそこまで引き込まれなかった。


30代男性
事前に情報なしで観ると絵の綺麗さの分、よりホラー的な演出が恐ろしさを際立てている印象を受けました。
ダークな青春もの・・・という感じでしょうか?


40代女性
暗くて重くて説教臭い。
登場人物の誰にも共感できないし、好感も持てない。
謎の多い設定だけど特に興味を引かれない。
実写にした方が面白そう。



つまらなかったのでもう見ない

60代男性
本当につまらない。


50代女性
見ていると鬱になりそう。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/1054-6bc733e6
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。