FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

86-エイティシックス- 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


『アニメ海外の反応』「86―エイティシックス―」 第4話 : eigotoka  ~海外スレ翻訳所~

海外の反応【86―エイティシックス―】第4話 日常パートと戦闘シーンの落差が激しいな : あにかい










このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「86-エイティシックス-」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

40代男性
シリアスな内容のメカバトルがメインのようで、ストーリーには圧倒されました。
設定やキャラ名はまだ覚えられませんが分かってくるともっと面白くなるでしょう。
戦場描写が秀逸な作品となりそうで毎回覚悟して視聴しないといけないですね。


20代女性
当たり前だけど86だって国が認めてないだけで、ちゃんと命があるわけだけど、一方的に蔑まれているわけではなく、彼らなりの復讐をしているっていうのが面白そうでした。


50代男性
スピアヘッド戦隊のみなさんって、仲よさげでずげーいい雰囲気な若者達だったけど、死ぬこと覚悟で戦うなんて一体どうしてそうなっているのか、興味深いアニメ。


60代男性
とうとう無人機どうしの兵隊兵器が戦い合う時代がやってきた先進のアニメ!なのかと思いきや、嘘バッカで実は人が操縦で戦死者ゼロでない、この国にまともなやつは、ミリーゼ少佐だけなのか?軍事国家なのか。


40代男性
平和な生活の影では無人機による防衛をおこなっていると表面に発表されているサンマグノリア共和国だが、実は少年、少女が乗って沢山亡くなっている事を公表していないのは酷い扱いだと思った。


20代男性
戦争モノで、無人ロボが実は有人で動かしていたという展開は、この後どうなるか気になるので、最後まで見るつもりである。


20代男性
帝国と共和国の戦いを描いていましたね。主役は人扱いされずジャガーノートに乗せられている86達でした。
主人公はハンドラーのレーナ、彼らの検討を祈ります。


40代女性
サンマグノリア共和国軍人の中で異質の行動するヴラディレーナ・ミリーゼとアンダーテイカーと呼ばれるシンエイ・ノウゼントとの関係が楽しみな終わり方をしているが、実在の戦車をモチーフにした無人式自立戦闘機レギオンがカマドウマのような8本足で動くメカデザインが面白くオリジナリティを感じます。
自堕落なサンマグノリア共和国国軍と退廃的施設内でも129日後を目指すスピアヘッド隊員達の対比も面白く、レーナと開発チーム主任の亡父達の過去も気になるアニメです。


40代女性
街では市民が普通の生活を送っているけど戦場ではいない者とされている戦闘員がいて使い捨てにされているのは酷いです。
人種差別もあり軍の中でエイエィシックスをバカにしているし、養護しているレーナも嫌な目に合っていて可愛そう。
敵国は完全な無人機を使用しているのに同じ物を作れないなんて開発が遅れているようですね、それを隠す為にエイエィシックスが必要なのか真実が早く知りたいです。
エイエィシックス達の普段の生活は学校の寮みたいで平和そのものなのが和みます、皆いったという言葉は隊長のシンエイが最後を見取っていたと知った時は切なかったです。
レーナが彼らのハンドラーになって何かが変わる事を期待したいです。


30代男性
美しい軍人のレイナに注目できるものでした。
可愛さもあれば、戦場で悲哀の感情も見せる主人公の苦悩が伝わるもので興味が持てました。
人間とそうではない者とが混在するSF的世界観にも心ひかれるものがあって良かったです。
作画が綺麗でキャラデザも良好なものでした。


40代女性
CMを挟んで描かれていた1区と86区は対照的だったのに、お互いを「PIG」と呼び合うことは共通していた点が強烈なほど皮肉的でした。そんな中で、唯一人として接し続けていたミリーゼの思いが、どんな形で彼らに伝わって行くのか。見逃せなくなりました。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

60代男性
この世界観が、受け入れるかないかがポイント。
私は、ちょっと駄目だな。しかし、ちょっと観続けようかな。


40代男性
掴みはまあそれなりに。しかしギアスのアキトがちらつくなあ。
でも個人的には「番組前特番のあるヤツは地雷が多い」んだよねw


50代女性
台詞選びと世界観が好きなので完走予定でもう少し様子見


40代男性
作画がとても綺麗なアニメだと思いました。
第一話という事でまだ、この物語の世界観が掴みきっていませんが、気になる内容だったので次回以降も視聴したいと思います。


30代女性
事前情報をまったく入れずに見たので、ハードな世界感に驚きました。
ハンドラーとアンダーテイカーがこれからどのように関わっていくのか、恋愛要素はあるのか?等とても気になりました。


30代男性
使い捨て部隊の指揮官になる、という設定は珍しくはありませんが共和国軍側と86側との対比がわかりやすく初回としては良い構成だったと思います。また澤野弘之氏の音楽も好きなのでそちらにも期待しています。


40代男性
とにかく専門用語が多いので内容を理解するのが難しかったですね。
ただ世界観やメカなどが非常に好みですので、しばらくは見続けていきたいです。


30代男性
完成度がとても高いように感じましたし、内容がかなり
濃い印象を受けました。ただ、分からない言葉が多いので、何度か繰り返し観ないと入り込めないかなとは思います。


50代女性
原作未読。敵国との戦いよりも同国内の身分差が問題になってる気がする。
上流民族?、戦争に勝ってる放送してる割に食料も満足に揃ってないみたいで末期ぽいんだけど、
前線の実働部隊は命かけてるけど食事の質はよいみたい?
これ、前線の連中は戦う意味があるんだろうか?クーデター起こしたら勝てるんじゃ?


30代男性
今回は主な登場人物の紹介と世界観の触りだけで終わってしまったので、
各キャラの掘り下げなどはこれからだと思うので2話目以降に期待です。


50代男性
かなりの前評判と期待値の高さを聞いていたので、スタートを待っていました。設定などはおおまかに予習して観ましたが、今後の展開が楽しみです。


30代男性
世界観と設定が意味不明すぎてなぜ戦争しているのかすら理解できずちょっと微妙でしたが、肝心のロボットが好みの形だったので戦闘シーンが楽しめて良かったです。


30代男性
グラフィックや作画など臨場感が伝わって素晴らしかったです。
切ないシーンが多く、内容は面白い反面で見てて辛くなることがありました。


20代女性
あまりの作画のクオリティーの高さに言葉を失いました。
このクオリティーが最終回まで維持できることを期待、または楽しみにして今後も視聴したいなと思いました。



あと何話か見て面白くなければ切る

20代男性
ありきたりな設定、ありふれたキャラクターデザイン、予定調和的な話。
はっきり言って、どこにも新鮮味がないアニメです。


40代男性
キャラもメカも演出も全体的にパンチの効いたところのない地味な始まりで、それが自分には丁寧な作りではなく魅力の乏しさの反映にしか思えなかった。このまま話の内容にも興味を持てなければ、あと1、2話で切るかも。


50代男性
映像は美しくて良かった。ストーリーのほうは、まだボンヤリとしていて今いちピンとこなかった。
なぜ無人機でないのか?今後に期待。


50代女性
戦場で戦っているのは無人機ではなさそうなのはわかったけど、プロセッサーとかハンドラーとかアンダーテイカーとか、なにがなんやら話についてゆけません。この先も見続ければわかるようになるのかしら。


20代女性
専門用語が少し分かりづらいなと思いました。レーナがお菓子を美味しそうに食べていた顔が可愛らしかったです。


30代男性
理解にやや時間を要する作風でしたが、所謂人間扱いされているのは銀髪の者達だけで、後は豚扱いというひどい世界観といった感じでしたが、日常のシーンのほのぼのさで救いを入れてる印象でした。


30代男性
もともとロボット系アニメは大好きでしたので、見ることに抵抗なく見ることができました。
見た後、続きは見たい気持ちにはとりあえずなったので、2話も楽しみにしますが、
ちょっとカタカナの用語が多く、おじさんにはきつかったです


30代男性
全体的にスタイリッシュな印象が正直な感想としてあったのでもう少し崩した感じの雰囲気にして柔らかくしてみても見やすくなるような気がしました。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/1084-80e74cef
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
Amazon2
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。