海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

惡の華 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


惡の華:第1話『運命の出会い』

惡の華:第2話

惡の華:第3話

惡の華:第4話

すらるど


惡の華 第7話 海外の反応

惡の華 第10話 海外の反応

お茶と牛乳の空間









このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「惡の華」を見た感想


10代男性
まずはじめに、惡の華をみた当時、私は春日くん(主人公)と少し似たところがありました。
それも踏まえて感想を書かせて頂きます。
一言で言わせてもらえば「アニメとしてはウケない」です。なぜか。簡単です。
絵が、作画が妙に3Dじみていて「萌え」の要素がなかったからです。
「萌えがないとアニメではウケないのか?」と言われればそういうわけではありません。
しかし、この時代アニメを観るのは大半がオタクです。
しかも、萌えキャラずきの。多少の萌の少なさでもストーリーが面白ければ、後々それを補えます。
しかしながら、惡の華はストーリーが暗すぎる。
漫画ではドキドキして読むても震えるくらいのめり込みましたが、アニメはただただ暗いだけ。しかも絵は3Dじみている。
このように、私はアニメ惡の華は「アニメにするべきではなかったアニメ」と思いました。


30代男性
ここ最近では一番第2期が待ち遠しい作品、漫画の絵のタッチとは異なり、アニメはかなりラフな感じの絵になってます。
声優も新人を使ったりと決してうまくないが何故か臨場感が伝わってくる。
自意識過剰がゆえの負の要素を仲村さんが上手い事追い込んでくれる、Mには堪らない作品


20代女性
主人公だけではなく、誰もが彼らのような心の闇を抱えてるのではないかと感じました。

世界に絶望を感じこの街から出たいと言う事は思春期の子供は特に感じる人もいると思います。

読んだり見たりする人によって感じ方が全然違う
アニメだと思います


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/110-8de165a1
カテゴリ
 ┣ ID-0 (1)
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ 亜人 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ 鬼平 (1)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ 銀魂 (3)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 恋と嘘 (1)
 ┣ 聲の形 (1)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ DIVE!! (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ DAYS (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ ナルト (1)
 ┣ NEW GAME! (2)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ 霊剣山 (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。