FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

平穏世代の韋駄天達 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


【平穏世代の韋駄天達】第8話 韋駄天【海外の反応】




【平穏世代の韋駄天達】第1話 平穏【海外の反応】

【平穏世代の韋駄天達】第2話 黒南【海外の反応】

【平穏世代の韋駄天達】第3話 飄【海外の反応】

【平穏世代の韋駄天達】第4話 黄雀【海外の反応】

【平穏世代の韋駄天達】第5話 色【海外の反応】

【平穏世代の韋駄天達】第6話 煙【海外の反応】

【平穏世代の韋駄天達】第7話 業【海外の反応】

フロムOverSS




このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「平穏世代の韋駄天達」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

40代男性
今後どんどんすごい事になるイースリイに期待


50代男性
エンディングに驚かされた。原作を把握した造と考えるべきか


40代女性
久々に残酷なリアルさを1つの作品の中で見てしまったなと、見終わったあと暫く放心状態になりました。
しかし、バトルシーンやマッハで駆け抜けるシーン描写はお見事のひとことです!


30代男性
テンションの高い作風で楽しめました。作画と色使いに高いセンスを感じることができました。
ベテラン声優がメインを固めることで、安心の演技も見られました。戦闘シーンのスピード感が良かったです。


20代女性
ド派手なアクションシーンと世界観、独特な色づかいに惹かれる作品。
スピード感があって30分が早く感じた。これからの展開が楽しみ。


30代男性
全く情報がない状態で第一話視聴。
MAPPA作品の安定感と何と言っても声優陣が豪華すぎます!物語も面白かったので続けて視聴します。


50代女性
放送前特番の豪華さで、力入ってるなーと思った通りの出来で、原作は知らないけど続きが楽しみ。
話はおぼろげにしか見えないけど、主人公がメタメタに殴られての流血とかラストシーンのエグさとか、
残酷な描写が多い割にさらっとしてるのは、色彩設定の効果とあっけらかんとしたキャラのおかげかな。


40代女性
魔族を封印するために命を掛けた韋駄天たちに感動するし生き残ったリンは辛かったろうなと思ったけどハヤトをボコボコにしている姿を見ると大丈夫だと確信できますね。
イースリィもリンに修行をつけてもらった事があるらしく人間離れした厳しさにビックリだけど逃げ出して来たとは頭脳派キャラだから問題ないですね。
鳥と話をしているポーラはほんわかした雰囲気の女の子だけどハヤトやイースリィと同じように特別な能力を持っていて氷の世界で重力に反した行動をしていたのはビックリです。
博士と呼ばれる魔族が氷の下から魔族を復活させて居合わせた3人が戦う事になったのは魔族と一度も戦った事の世代が勝てるのかハラハラしました。
氷の下にいた魔族の名前がギュードくんなのは笑えたし、オオバミが逃げ切れないと自爆装置を男のロマンと語っていたのも笑えました。魔族と韋駄天の戦いが始まったのはドキドキしますがイースリィは魔族の死体を持ち帰って研究するみたいで怖いし、別の場所ではシスターが犯されていて何が狙いなのか分からないし、どんな戦いが待っているのか楽しみです。


20代男性
最初の数秒は流行りの異世界ものかと思いましたが、違いました。
韋駄天という人間を超える力の存在とストーリーのオリジナル性に惹かれました。
韋駄天と魔族、人間の戦い(争い)がメインになるようですが、ところどころに見逃せないギャグ要素もあり、とても面白いです。一方で、単なる面白アニメにとどまらず、平和や戦争についての重要なテーマを含んでいるようでもあり、考えさせる場面もところどころにありました。全体としては、個人的には非常に面白く、継続してみたいアニメだと思いました。


60代男性
世界に神は韋駄天しかいない?それとも、韋駄天以外の神々は、魔物から人類を助けようとしなかったってこと?新しく生まれてくる神は全て韋駄天?違う別の神だったとしても韋駄天として育てられるとかかな。


30代女性
作品名は聞いたことはありましたが、アニメーションとして実際見るのは、初めてでしたが、面白かったです。
昭和のアニメを見てるような絵の感じですが、くっきりはっきりな感じの色遣いが見ていて、飽きないです。
修行マニア韋駄天のハヤトが好きなキャラクターです。


30代女性
魔王復活により、それを倒すべく立ち上がる韋駄天たちということで、一見、正義VS悪というよくあるヒーローものの構造に見えますが、一筋縄ではいかないどこか引っかかるところに面白さを感じています。


30代女性
以前話題になった「異種族レビュアーズ」を描いている人の作品です。
なんだか懐かしさのあるテイストですが、戦争を知らない世代の神様というコンセプトが面白く、1話が短く感じられるほどでした!


40代男性
性暴力的な表現の隠し方がリズミカルで面白い。
人と視点韋駄天の視点についてイースリーが述べているところが興味深く、納得させられた。
そのような、ユーモアと哲学が混ざり合うところに興味が引かれる。
他には、絵柄がおとなしいためか、暴力表現が緩和されているように見えた。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

20代女性
衝撃的な結末で1話が終わったけど、カラフルな色彩とアクションが良かったです。
あと声優陣がかなり豪華なので、今後に期待です。


30代男性
声優陣が現在の視点では懐かしいキャスティング中心になっていて、近年のアニメを観てない層向けな印象がありました。
論理感が吹っ飛んでるような演出は公式でも意識してるのがウケましたね(笑)。


50代男性
ここのところ絶不調の「ノイタミナ」だったので、とりあえずAパートだけ、と思って見たのですが、アニメ製作がMAPPAと知り仕方なく最後まで...でも、やっぱり、面白いのかつまらないのかよく分からないいつもの「ノイタミナ」でした。絵はしっかり動いているのでしばらく様子見です。


50代男性
第一印象は色彩が派手なアニメだなぁと感じました。
子供も一緒に見られるアニメかと思いきや流血表現もあり1話のラストはエゲツない終わり方なので子供には見せられないですが面白そうなので暫く見てみようと思います。


50代男性
イースリイはハヤトやポーラと違い、何か隠し事をしていそう、ハヤトが退治した魔物を隠し、別な組織と連絡取っていたりして、オオバミ博士が復活させた魔物のギュウド君は、封印されたものではなさげなんで、この先オオバミが800年前の封印を解きに襲ってくるという展開になるのかな。


30代男性
笑いありのバトル漫画で面白かったです。今後のストーリーの展開が大事だと思いました。
可愛い映像にグロシーンが少々混ざるので少し気になりました。


20代女性
陰影やカラーリングがすごく独特で、他のアニメとは一味違う雰囲気が画面全体から伝わってきます。
声優陣も豪華で、目でも耳でも楽しめました。


30代男性
韋駄天というまさに速さを力にしているところが面白く、ハヤトが強すぎて魔獣や博士を圧倒するところがよかったです。
また、イースリィーの言動も今後の展開に繋がりそうで気になります。



あと何話か見て面白くなければ切る

20代男性
キャラクターデザインは子供向けでなおかつ内容も大人の視聴に耐えるものだとは思えません。
ちょっと稚拙なアニメという印象を受けます。


30代男性
個人的には刺さらないノリでしたけど、好きな人は好きな作品でしょうね。
とはいえ天原作品なので下ネタ満載になりそうな空気感はビシビシ感じました。


20代女性
作品のテーマ性自体は面白いのだが、展開に抑揚がなく心が動かされないため飽きてきている。次面白くなかったら切る。


30代男性
1話目なのでストーリーがつかめない点を差し引いてもなぜ戦うのかがわかりませんでした。
しかし、登場人物が個性的なのでもう少し様子見という感じでした。


50代女性
お腹に穴が開いても心臓がやられても、韋駄天は死なない?ならどうやったら死ぬのかしら、寿命だとしても800年生きてるとか、結局は不死?なのかしら。



つまらなかったのでもう見ない

20代女性
色の使い方には目を見張るものがあったけれど、如何せんグロテスクな表現が多めだった故に自分には無理だなと思ってしまいました。


50代女性
まず、大人向けのアニメだと思いました。また、男性向きだと思いました。
話の内容は何となくわかりますが、これから見たくないなと思いました。


30代女性
アニメはかなり力を入れて作っているのだろうなと思ったが、世界観があまり自分似合わないので、次からはないなと思いました。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/1124-1be76e0e
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。