海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

弱虫ペダル 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


弱虫ペダル RIDE.01 「アキバにタダで行けるから」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.02 「部員をふやすため」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.03 「僕は友達いないから」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.04 「鳴子章吉」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.05 「総北高校自転車競技部」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.06 「ウエルカムレース」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.07 「追いつきたい!」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.08 「スプリントクライム!!」 海外の感想

弱虫ペダル 海外の感想(雑談)

弱虫ペダル RIDE.09 「全力VS全力」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.10 「ピークスパイダー」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.11 「肉弾列車!!」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.12 「合宿初日!」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.13 「今泉と鳴子の1000km」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.14 「朝霧の再会」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.15 「策略」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.16 「一点突破」 海外の感想

弱虫ペダル 海外の感想(雑談Ⅱ)

弱虫ペダル RIDE.17 「最後尾の小野田」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.18 「全力の勝負」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.19 「新たなるスタート」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.20 「真波山岳」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.21 「石道の蛇」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.22 「インターハイ開幕」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.23 「トップスプリンター!!」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.24 「震える泉田」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.25 「負け」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.26 「空が見える」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.27 「山神東堂」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.28 「100人の関所」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.29 「山頂」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.30 「荒北と今泉」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.31 「強者3人」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.32 「希望の夜」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.33 「ヒメなのだ」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.34 「新開隼人」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.35 「勝利する男」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.36 「最強最速」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.37 「王者交代」 海外の感想

弱虫ペダル RIDE.38 「総北の魂」 海外の感想

弱虫ペダル 海外の感想(雑談Ⅲ)

かいがいの


弱虫ペダル Vol.5 初回生産限定版 Blu-ray【「恋のヒメヒメぺったんこ」歌:姫野湖鳥(CV.田村ゆかり)CD付き】
弱虫ペダル Vol.5 初回生産限定版 Blu-ray【「恋のヒメヒメぺったんこ」歌:姫野湖鳥(CV.田村ゆかり)CD付き】
弱虫ペダル キャラクターソング vol.5
弱虫ペダル キャラクターソング vol.5
弱虫ペダル キャラクターソング vol.6
弱虫ペダル キャラクターソング vol.6



このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「弱虫ペダル」を見た感想


30代女性
アニメオタクの何の取り柄もなさそうなひ弱な小野田少年が、知らず知らずのうちに才能を開花させていく姿は、見ていて久しく忘れかけていた爽やかな感動を呼び起こしてくれました。
自転車競技部の仲間たちも個性派揃いで、ストーリーをより深いものにさせてくれます。


20代女性
この作品は、なんといっても主人公の坂道くんが魅力的‼︎
いつも楽しそうで一生懸命な坂道くんに、心奪われる作品です。
他のキャラクターも濃く、ロードバイクに興味がなくても、ひたむきで最後まで諦めない、オタクな坂道くんを愛さずにはいられなくなります。


20代男性
熱いスポ根アニメだと思いました。ロードバイクというものを良く知る事ができたので、自分も乗ってみたいと思うようになり、調べてみたのですが値段が高過ぎて買えませんでした。お金を貯めていつか自分も乗ってみたいです。


40代男性
昨今の自転車ブームに火をつけた一方で、街乗りのマナーの悪さに拍車をかけた作品というと、ファンが気を悪くするかもしれない。
でも人が増えると言うことは、そーゆー側面もある。でも、自転車に乗って見たくなる作品。
千葉から秋葉原まで片道80kmをママチャリで出かけるオタク少年、小野田坂道が自転車の才能を見いだされ、日本有数のクライマーになっていく作品。
2期で日本一に。
アニメになり「ラブ☆ヒメ」OPの「ヒメなのだ」の歌に音がついた。(モモーイ版も存在するけど)
「てさぐれ部活もの」で、自転車部活ものの、あるあるとして回想シーンの多さや天候と心情のシンクロについて突っ込まれている。
御堂筋くん率いる京都伏見以外は、大体いい性格だし、団体競技のスポーツアニメとして、女性人気なのも分かる。
ミュージカルまで存在した時はマジでビビったw ハンドルだけ握って足踏みするのね。


30代女性
一番インパクトに残っているのは泉田の「アブ」コール
漫画からアニメ化するときにどういった感じで声優さんが表現するのかとおもったら、力の入った「アブ!アブ!」という掛け声は笑いだけではなく声優さんのすばらしさを感じました。

名シーンとして東堂と巻島のクライムシーンも大好きですが、インパクトの大きさは泉田の「アブ」コールですね。


30代女性
ロードバイクを通して青春の悲喜こもごもを見事に描いています。
天才と凡人の葛藤、人との繋がり、勇気、友情、敗者と勝者。青春のすべてを納得のいく論説と感情で我々に訴えかけてくれます。
名バウトとして名高い東堂vs巻島、坂道vs真波などのクライマー対決はもちろん、スプリンターズ、オールラウンダーズもそれぞれの戦いとドラマを魅せてくれますし、
あとキャラクターが本当に全員カッコイイ!私は巻ちゃんが大好きです。


20代男性
主人公が少しインパクト弱い感じがしました。
しかし、オタクが自分の目的のために長い距離を走ることを苦に思ってないところは同感しました。
自分の好きなこと為にはどんな苦にも立ち向かえると思いました。
ちょっと絵が見にくいのが気になりましたが


20代男性
弱虫ペダルのキャラクターの中では今泉が一番好きでした。
クールな実力者というキャラクターなのに小野田のせいで途中からオタクになって行くのが面白かったです。
最後のほうにはいったいどんな風になってしまっているのでしょうか。


20代女性
アニメ化以前から原作ファンです。
作品としては単純かつとてもアニメにしやすいストーリと内容です。
ほぼ原作通りの仕上がりで初めて主人公小野田くんと今泉君が戦ってる姿が動いてるのを見た時、感動いたしました。
一番好きなシーンは3年生クライマーの東堂と巻島の対決です。
これまで競ってきて、インターハイという最後の戦いでトラブルにより戦えないかもしれないときの絶望感からの、
主人公の超人的な追い上げによって実現したラストクライムは鳥肌が立ちました。
原作の熱さに加え綺麗になった登場人物の熱い戦いはこっちまで汗をかきます・・・!


関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/174-da75f0fe
カテゴリ
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ 銀魂 (2)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ NEW GAME! (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント