海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

魔法科高校の劣等生 海外の反応・感想 


スポンサーリンク







魔法科高校の劣等生 第五話『入学編V』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第六話『入学編VI』海外の反応

魔法科高校の劣等生 第七話『入学編VII』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第八話『九校戦編Ⅰ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第九話『九校戦編Ⅱ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十話『九校戦編III』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十一話『九校戦編IV』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十二話『九校戦編V』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十三話『九校戦編VI』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十四話『九校戦VII』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十五話『九校戦編VIII』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十六話『九校戦編Ⅸ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十七話『九校戦編X』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十八話『九校戦編XI』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第十九話『横浜騒乱編Ⅰ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第二十話『横浜騒乱編IⅡ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第二十一話『横浜騒乱編Ⅲ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第二十二話『横浜騒乱編Ⅳ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第二十三話『横浜騒乱編V』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第二十四話『横浜騒乱編Ⅵ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 第二十五話『横浜騒乱編Ⅶ』 海外の反応

魔法科高校の劣等生 最終話『横浜騒乱編Ⅷ』 海外の反応

そとはん





このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「魔法科高校の劣等生」を見た感想


20代男性
どんな強敵が現れても主人公が強すぎて物語が予定調和的に進んでいくようでまったくおもしろくない。
回が進んでくると、どうせ主人公が解決するのだろうといううがった視点でしかアニメを視聴できなくなるので後半は本当に退屈だった。


40代女性
原作を読んだことがないのですが、深雪と達也の兄妹関係がとても怪しい関係で、本当に血の繋がった兄妹?と思わせる互いが互いだけを思いやる溺愛ぶりが萌えで、視聴者を引き付けると思った。
その上で、達也が強い能力を持ちながら、劣等生として高校に通い、少しずつその本性を出していく展開が成り上がり物語のようでいて面白いです。
また妹や友人たちに隠れて優れた能力を使って事件をスマートに解決する姿は、女子の王子様願望を満足させるキャラクターだと思う。
それがよく出ているのが九校戦と横浜戦で、ドキドキする戦いっぷりや展開がずっと目を離せず、面白くてたまらない。
ただ、原作を読んでないせいか、世界観や魔法に対するシステムや家制度などが少し分かりにくかった。
深雪の苦悩と達也の抵抗が今一共感できなかったが、二人のイチャイチャは突っ込みどころ満載で面白かったと思います。


20代女性
戦闘シーンがめっちゃ好きです。
絵柄も見やすい。でも司波深雪の兄、司波達也が強すぎて何とも言えません!声優さんもアニメと合っていてすごくいいと思います。
アニメのオープニングはLISAのRising Hopeで自分的にはすごくあっていました。


20代男性
主人公は学内の物差しで測れば「劣等生」ということになるのだろうが、そのほかのスペックが最強であるために、構内でどこを探しても彼のライバルになるよう生徒は皆無です。
最強の主人公が活躍するアニメを見たい人にとってはいいアニメになると思う。


40代男性
「流石お兄様」を略して「さすおに」と呼ばれる、最近では結構珍しい、「俺つえー」系主人公最強アニメ。
昼行燈というより「能ある鷹は爪隠す」?
普通の魔法が使えないための劣等生設定が、逆に最強になる設定とかも最高。
後、味方キャラも大体有能だし。
魔法をアプリ管理してるのも他作品と違って面白かった。
血のつながりのない妹に生殺与奪(自己修復術式)の権利がある? 司馬家をめぐる陰謀は、アニメでは、さほど表面化しなかったが、この手の魔法物の常で貴族化した身分制度的上下関係による差別的人間関係が、大人たちのうす汚さを演出。
叩くべき敵が小物が多いため、主人公たちの正義執行は見てて気持ちいい? 学生だけに許されるモラトリアム期間が本来、大人の作った規則に縛られた若者たちを自由に行動させ、物語世界の何かを変えようとする新たな勢力が出来つつある? 
登場キャラ人数が多いだけに人気声優も多い。
結構、戦闘シーンは血しぶき上がり、時には人死にもでるためエグイ。
まー、主要キャラは女子は可愛く、男子はカッコイイので、雑魚の死はどうでもよくなる、その価値観が時々怖くはなるw


20代男性
まずはじめに、深雪が可愛いです。
可愛すぎます。ぜひお兄様と呼ばれたいです。
そして主人公である達也は強すぎですね。
他人の痛みを引き受けてはしまいますが、ほぼ無敵のようなもので、主人公最強設定大好きな自分からしたら最高の主人公です。
専門用語や予備知識は多少必要かもしれませんが、熱いバトルが好きな人なら面白く見れる作品だと思います。


20代男性
タイトルとは程遠い優等生です。
主人公が強すぎる系アニメの一つですね。
戦闘シーンがかっこよかったりするのですが、ストーリー性は薄い。
個人的には主人公が強すぎて見てて楽しくない感じでした。
OPの曲と声優がいいアニメです。


20代男性
どのキャラクターもどこかにいそうなキャラクターの寄せ集めなのでキャラクターのためキャラクターの魅力はまったくありません。
物語の話に関係のないキャラクターの話を妙に掘り下げすぎている点もいただけない。
すべての話が主人公とその妹だけで解決できそう。


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/214-fec969ec
カテゴリ
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ 亜人 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ DAYS (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ NEW GAME! (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ 霊剣山 (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。