FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

次世代起業家育成セミナー

ユリ熊嵐 海外の反応・感想 


スポンサーリンク




ユリ熊嵐 第2話 「このみが尽きても許さない」:海外の反応

ユリ熊嵐 第3話 「透明な嵐」:海外の反応

ユリ熊嵐 第4話 「私はキスがもらえない」:海外の反応

ユリ熊嵐 第5話「あなたをヒトリジメにしたい」:海外の反応

ユリ熊嵐 第6話「月の娘と森の娘」:海外の反応

ユリ熊嵐 第7話「私が忘れたあの娘」:海外の反応

ユリ熊嵐 第8話「箱の花嫁」:海外の反応

ユリ熊嵐 第9話「あの娘たちの未来」:海外の反応

ユリ熊嵐 第10話「ともだちの扉」:海外の反応

ユリ熊嵐 第11話「私たちの望むことは」:海外の反応

ユリ熊嵐 第12話「ユリ熊嵐」:海外の反応

フロム・ディスタント




このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「ユリ熊嵐」を見た感想


20代男性
話の内容が分からないままどんどん話が進んでいくアニメでのでけっして万人に理解できるアニメではありません。
キャラクターもかわいらしいものではなく独特の絵なので好き嫌いが分かれると思います。
私は好きになれないアニメです。


40代男性
まー評判悪かったですねこれは。
でも、確かに説明が足りないところはあったけれど、話ちゃんと見てれば内容はわかります。
ダメなのはなぜクマなのかという点。
いくら百合でもクマ百合は萌えられない。
ケモナーかつ百合オタという特殊な性癖の人対象というのはあまりにニッチ過ぎる。
人間の女の子どうしで結ばれたらもっとよかったのになー


20代男性
ユリ熊嵐という作品はは私に取ってはかなり難解なアニメでした。
いったいなにがいいたかったのか、どういう作品だったのか私には理解する事ができませんでした。
でもキャラクターはかわいかったので見続ける事ができました。


コメント
ユリ熊嵐=ユリ”クマア”ラシ=白百合悪魔。
百合の紋章=ジャンヌダルク=異端審問。
白百合の花言葉は「死と悩み」「呪い・復讐」














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/306-66bee5a9
カテゴリ
オススメ
脱サラに成功し"自由な生活"を手に入れる人が次々と生まれているオンラインビジネススクールです。 ドクターシーラボの元社長、池本克之さんが学長を務めています。 とりあえずメール登録後にプレゼントされる21分の動画を見て下さい。 ↓↓↓
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。