海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アイドルマスター シンデレラガールズ 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


日本の声優「大空直美」の下積み時代を知ってると牛タンツイートが泣けるとアイマスPが感動!【台湾人の反応】 : kaola.jp NEW







アイマス シンデレラガールズ OP/ED 海外の考察 : かいがいの













2ndシーズン

アイマス シンデレラガールズ 14話 「Who is the lady in the castle?」 海外の感想 : かいがいの

アイマス シンデレラガールズ 15話 「When the spell is broken・・・」 海外の感想 : かいがいの


関連記事

日本の音楽番組がランキング紹介で『デレマス』の曲だけ意図的にスルーして「差別だ」と話題に!【台湾人の反応】 : kaola.jp


アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】



このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「アイドルマスター シンデレラガールズ」で好きなシーンや印象に残っているシーンとそれを見た感想


40代男性
17話で望まない仕事をやらされて悩み、つい妹にあたってしまった美嘉姉と、妹のせいでお母さんにかまってもらえないみりあちゃんがデートして、そのあと愚痴をこぼしあい、みりあちゃんが美嘉姉を甘えさせてあげたあのシーン最高だった。
もう結婚しろと思った。こんなにいい話作れるのに、なぜ卯月はあんなことになってしまったのか。


10代女性
24話でニュージェネレーションズの三人が公園で話し合っているシーンで、しぶりんがしまむーに「嘘の笑顔なんてみたくない」と言いしまむーが自分の気持ちを素直に口にだしたところです。しまむーが泣いたところのアニメーションと声優さんの努力がみられ感動しました。


20代女性
最終話直前の24話が一番印象に残っています。1話の冒頭でガラスの靴を落としたシーンに繋げる演出は綺麗にハマってて、鳥肌が立った。
そこからEDでのソロ曲と最後の笑顔と涙は最高です。卯月が可愛かった神回でした。


20代女性
本田未央ちゃんが、アイドルを辞めるといってニュージェネを抜けそうになるシーンが印象的でした。
やっぱり、アイドルに夢見ている女の子はお客さんが全然入ってなかったらあんな風に思ってしまうのかな?と感じました。
なぜかそのシーンがリアルで心に残っています。


20代男性
アイドルマスターシンデレラガールズで一番印象に残っているシーンは最後の卯月が私は何もできる事がないと言ってふさぎ込んでしまう所です。
本家のアイマスの方でも最後は春香が落ち込んでから復活したので最後はそういうパターンなんだなと思いました。


30代女性
アプリをすでにやっていて、推しキャラが渋谷凛だったのでやはり初登場は印象に残っています。
とは言え、突然無表情でスカウトしてくるプロデューサーの方に意識を取られてしまいましたが…
プロデューサー役の武内さんが現役高校生であるとの情報は耳にしていたので、このイケメン&渋メンボイスが高校生?!と驚きました。
そのあとも卯月と再会する桜のシーンがとても綺麗で、とても印象に残る1話でした。
そして犬のハナコがとても可愛かった回でもあります。


20代男性
印象に残っているのは、本田未央の「アイドルやめる!」のシーンです。
これからアイドルを目指していくはずなのに、急に脱落者が出てしまうのかと驚きました。
実際のアイドルでもありそうな展開だなぁと感じましたね。


20代女性
もちろん卯月の笑顔が返った瞬間!…と、言いたい所ですが、2クール目のOPを私は推していきます。
2クール目の大きな柱であった卯月の成長と覚醒、そして全員で臨んだ舞踏会のステージのパフォーマンス、歌詞とのリンク、と、話の総括を見事にまとめ上げた素晴らしいOPだと思います。


20代男性
印象に残っているシーンは、みおがアイドルをやめるといったところです。
いくら集まってくれたお客さんが少なかったとはいえ、あそこまで落ち込む事はないんじゃないかと思いました。
最初の方のお客さんの量はあんなものではないでしょうか。


20代女性
ベタかもしれませんが卯月が公園で泣き出してしまうシーンですね。
演出も作画も声優さんの演技もここ何作品かの中の一番でした。
それまでの何話かがゆっくりと伏線を置いてくれていたのもそのシーンの為、着々と感情の準備をさせてくれる時間でしたね。
アイドルマスターはやはりライブシーンが有名ですが、私は断然こちらのシーンを選びます。
宮本フレデリカPですが。


20代女性
23話のいつも笑っている卯月が泣きながら凛と未央に自分の気持ちを打ち明けるところがこ心に残っています。
不安が積もる中でずっと笑顔を作っている卯月の本音がやっと聞けて3人の絆がより深まったシーンだと思います。


20代女性
デレマスで1番印象に残っているのは蘭子回です。
蘭子か好きだからというのもありますが、蘭子回はその構成も結構良くて最後の蘭子の撮影シーンなんかも美しくて大好きです。
それまであまりプロデューサーに対しては好感度も無かったのですが、蘭子に対する想いなどはちょっと感情移入する程で、好感度も上がってしまいました。


20代女性
ニュージェネレーションズとラブライカが共にデビューライブを行った時に本田未央が苦しい表情をしたシーンが印象的でした。
それを見て友達を呼んだが観客の少なさに恥をかいたのかそれとも観客の少なさにショックを受けたのかどちらの心境が近いのだろうかと考えたりもしました。
未央を含めたニュージェネレーションズにとっては苦いデビューになったんだろうなと思いました。


10代男性
アイドルマスターシンデレラガールズで印象に残っているシーンはキャラクターがアイドルデビューをするステージで客がとても少なかったという場面です。
見た感想としてはやはりアイドルというものは厳しいものなんだなと思いました。


20代女性
ニュージェネレーションが初めてステージに立ったあと、理想と現実のあまりの違いに未央がプロデューサーにあたるシーンです。
この時アイマスの事前情報が全く無かったので、正直未央に「ふざけるな!」と怒りを覚えました。
無名のアイドルがデビューライブであんな素晴らしい場所をブッキングしてもらえて、感謝こそすれやつ当たりしてあまつさえアイドルを辞めるなど、信じられませんでした。
と同時に、この状況をプロデューサーが、未央がどの様に持ち直すのか、今後に期待を持ったシーンでもあります。


30代男性
諸星きらりと双葉杏が同い年であると知った時の衝撃。
主人公だと思っていた島村卯月がポンコツすぎ・出番少ない・「頑張ります。」しかセリフの印象がない。
しかも実は主人公でも何でもなかった(各話ごとに主人公が変わる為、不人気は出番が少ない)と知った時の驚愕度は半端なかった。


40代男性
前作が平均的な眼鏡のマネージャー(声優さんの名前から赤羽根P)だったのに対し、今作はアイドルと共に成長していく当時18歳の若手声優、武内駿輔さんを起用し、
キャラ名も武内Pと言われる程、オリジナルキャラクターのプロデューサーが上位になるほど人気が出た。
これは、同時期にアニメ放送していた「艦これ」の提督が顔を隠し、声優もなかったことに比べ、冒険だったにもかかわらずである。
ちなみに、デレマスはモバゲーがスタートであった。
各話に賛否両論あるものの、特に、ちゃんみお(本田未央)は序盤嫌われていた気がする。
本来、愛されキャラなのに、キャラの成長のための振れ幅だったのかも。
1期でそれなりに成長し、2期は専務投入。
ユニットシャッフルがしたいならもう少しやりようがあった気も。
でも終盤は専務と武内Pのやりとりはポエム合戦と言われてたりw 卯月の闇落ちエピソードはきつかったが、中の人のへごの演技は凄かった。


30代男性
一番好きだったシーンはアスタリスクのライブシーンです。
アスタリスクは可愛い猫耳のアイドルを目指すみくと
ロックなアイドルを目指す李衣菜が組むユニットなんですが
方向性の違いから何度も何度も衝突を繰り返します。
しかし衝突をした後のライブシーンで二人は見事に調和に成功し
二人で歌うØωØver!!はマジでカッコイイです!
この後も衝突を繰り返す二人ですが、その衝突と融合こそがアスタリスクの魅力だと思います
アイドルマスターシンデレラガールズの中のユニットでは
一番アスタリスクが好きです!


20代男性
私が好きだったシーンはみくと李衣菜がけんかしながらも作詞するシーンです。
正反対のふたりでしたが、そのおかげでふたりの会話はちぐはぐでとても見ていておもしろかったです。
みくが実は魚がきらいだったのもよかったです。


20代男性
本田が劇中劇の『秘密の花園』を通して島村、渋谷に思いを伝えるシーンが好きでした。
本田というキャラはニュージェネレーションのリーダーであり、アニメ序盤では一人で悩み苦しむ時もありましたが、それをバネにして成長したことでリーダーとして相応しい振る舞いをするようになりました。
その一番の見せどころが『秘密の花園』のシーンで、熱くかっこいい本田の良さが出てました。


20代男性
私が好きなシーンは、幸子が「アイドルは前を向いているものです!」と言っているシーンです。
どんな状況でもアイドルである以上はまえを向いている、素晴らしい言葉だったと思います。
前を向くという言葉はアイマスの曲の歌詞にも度々出ていますし、その点も含めて良いシーンだったと思います。


40代男性
デレマス6話はシンデレラプロジェクトの先陣を切ってニュージェネレーションズとラブライカがデビューする回でした。
話のポイントは本田の勘違いぶりでしたが、そんなことはどうでもよく、ステージに出る前に手を握り合い、ステージを終えた後も手を握り合うラブライカがよかった。
アナスタシアが年上の美波を頼っているようでいて、その実支えにもなってるところがとてもよかった。


20代女性
城ヶ崎美嘉ちゃんの最初の方のライブシーンです。
とってもカッコ良かったし、
これぞ人気アイドル!カリスマ!みんなが憧れる気持ちが分かるような素晴らしい演出でした。
ニュージェネの皆の緊張感あるシーンも良くてとっても好きです。


20代女性
凛がトライヤードプリズムとして初めて立ったステージのシーンです。
自分の可能性を信じ、卯月や未央と衝突しつつも和解し、より進化したニュージェネレーションになれるよう次のステージへ進む事を決めた凛の表情が、1期で初めて見せた笑顔に負けない位輝いていたのが印象的です。
言わずともがな、ステージは泣きました。


10代男性
アイドルマスター シンデレラガールズで好きなシーンは渋谷凛とプロデューサーが出会うシーンです。
そのシーンを見て自分のあんな風に女の子と出会ってみたいなぁと思いました。
とてもすばらしいシーンだなと思いました。


関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/313-fa2b5172
カテゴリ
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ 亜人 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ 鬼平 (1)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 聲の形 (1)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ DAYS (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ NEW GAME! (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ 霊剣山 (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。