海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無彩限のファントム・ワールド 海外の反応・感想 


スポンサーリンク






『無彩限のファントム・ワールド』4話 海外の感想「幻想の世界で飯を食うな」 : それな.net



『無彩限のファントム・ワールド』6話 海外の感想「結局幼女回だった」 : それな.net



『無彩限のファントム・ワールド』8話 海外の感想「単純に楽しもう」 : それな.net

『無彩限のファントム・ワールド』9話 海外の感想「これが京アニの戦略か」 : それな.net

『無彩限のファントム・ワールド』10話 海外の感想「ルルが可愛すぎる」 : それな.net

『無彩限のファントム・ワールド』11話 海外の感想「心温まる回だった」 : それな.net

『無彩限のファントム・ワールド』12話 海外の感想「評価に困ってる」 : それな.net

『無彩限のファントム・ワールド』13(最終)話 海外の感想「この作画クオリティ」 : それな.net

関連記事


中国人「無彩限のファントム・ワールドの百度フォーラムが閉鎖されたようだ」 中国の反応 : 大陸の人々

日本のアニメ「無彩限のファントム・ワールド」の作者のツイートが重すぎる!【台湾人の反応】 : kaola.jp


【Amazon.co.jp限定】無彩限のファントム・ワールド 1(各巻購入特典:2L型ブロマイド付)(全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】無彩限のファントム・ワールド 1(各巻購入特典:2L型ブロマイド付)(全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]

amazon画像リンク作成ツール


このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「無彩限のファントム・ワールド」で印象に残っているシーンとそれを見た感想


20代女性
第7話「シュレーディンガーの猫屋敷」での、みんながネコになる回が大好きです。
ネコっぽいしぐさのキャラクターたちの動きが本当に素晴らしく、京アニクオリティさすがだなとつくづく思いました。
個人的に玲奈ちゃんが一番ネコミミが似合っていたなぁ。


40代男性
ルルちゃんが人間大になってしまうドタバタ回が楽しくてよかった。
原作は未読だけれど、偶然ネタバレを目にしてしまい、原作の展開に行くのかと思っていたら日常が崩壊することなく終わったので、それはいい判断だったと思います。
晴彦のうんちくがウザいので2期はなくていいです。


20代男性
このアニメを見ていて得に印象に残ったシーンは最初の方の舞先輩がリンボーダンスをするシーンです。
あまりにもダンスをする先輩の胸のゆれが強調されている作画だったので、見ていてすごくドキドキしてしまいました。


20代男性
第5話で、水無瀬小糸が動物のファントムと一人で戦い、ピンチの場面で一条晴彦のチームが助けに来た場面が一番好きなシーンです。
これまで水無瀬小糸は周りと組まず、一人でファントムと戦っていました。
晴彦や川上舞、和泉玲奈たちと何度か共闘する場面はありましたが、その時はチームとしての晴彦たち、プラス水無瀬小糸という状況でした。
しかし動物のファントムと戦い、晴彦たちに助けられてから彼らを頼るようになり、チームとして水無瀬小糸が晴彦たちと協力していくきっかけになった部分なので一番印象に残りました。


20代女性
第8話「猿温泉を突破せよ!」での温泉回はすごくインパクトに残っております。
特に、小糸のベーの顔と、猿に対してタイマンはってるポーズが大好きです。
いつもクールな小糸が、普段見せない表情を沢山見れて満足な回でした。


20代女性
京都アニメーションの本気が詰まった作品。
ほとんど露出をしていないのに滲み出るエロさが大好きです。
ファントムとの戦闘シーンも凝っていて、細部まで細かい絵のタッチが良い。
私の中で京アニの1番オススメの作品。是非とも二期に期待!!


20代女性
11話で晴彦が記憶も身体も幼児化してしまった時、舞先輩が晴彦を引き取って一緒に暮らしていたシーンが印象に残っています。
共同生活を始めてからしばらくは舞先輩がなれない育児にボロボロになっていてコミカルな描写が多かったですが、舞先輩が晴彦が心の奥に閉じ込めていた寂しさなどに気付いてその想いに応えてあげようする辺りからは心温まるシーンの連続でした。
最後、晴彦の作文を読んで幼児化してしまった原因に気付いてしまった舞先輩が自分一人の心の内に留めておくところは特に好感が持てました。


20代男性
このアニメを見ていて、おもしろかったシーンは和泉玲奈が口を開けて敵を吸い込むところです。
まじめなシーンなのに、口を自分の顔の大きさくらいまで大きく開けた彼女の顔がおもしろくてついつい笑ってしまいます。


20代女性
第12話「母は帰りぬ」からの最終話の晴彦と母(ファントム)とのやり取りが感動しました。
晴彦はなんだかんだいって母に対しての愛情に飢えていたんだなぁ。
そして最終話、病院で本当の母親と会うシーンは感動してホロっと自然と涙が出てしまいました。
二期があってもおかしくない終わり方だったので続編を期待しております。


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/409-fec317e1
カテゴリ
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ 銀魂 (2)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ NEW GAME! (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント