海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リトルバスターズ! 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


リトルバスターズ!:第1話「チーム名は…リトルバスターズだ」

リトルバスターズ!第2話「君が幸せになると、私も幸せ」

リトル・バスターズ!:第3話「可愛いものは好きだよ、私は」

リトルバスターズ!第4話「幸せのひだまりを作るのです」

リトルバスターズ!:第5話「なくしものを探しに」

リトルバスターズ!:第6話「みつけよう すてきなこと」

リトルバスターズ!:第7話「さて、わたしは誰でしょう?」

リトルバスターズ!:第8話「れっつ、るっきんぐふぉーるーむめいとなのです」

リトルバスターズ!:第9話「学食を救え!」

リトルバスターズ!:第10話「空の青 海のあを」

リトルバスターズ!:第11話「ホラー・NO・RYO大会」

リトルバスターズ!:第12話「無限に続く青い空を」

リトルバスターズ!:第13話「終わりの始まる場所へ」

リトルバスターズ!:第14話『だからぼくは君に手をのばす』

リトルバスターズ!:第15話『ムヒョッス、最高だぜ』

リトルバスターズ!:第16話『そんな目で見ないで』

リトルバスターズ!:第17話『誰かにそばにいて欲しかったんだ』

リトルバスターズ!:第18話『答えは心のなかにあるんだ』

リトルバスターズ!:第19話『きっと、ずっと、がんばるのです』

リトルバスターズ!:第20話『恋わずらいをいやせ』

リトルバスターズ!:第21話『50ノーティカルマイルの空』

リトルバスターズ!:第22話『わたし、必ず戻ってきます』

リトルバスターズ!:第23話『あなたの大切なもののために』

リトルバスターズ!:第24話『鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから』

リトルバスターズ!:第25話『最後のひとり』

リトルバスターズ!:第26話『最高の仲間たち』

すらるど



このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「リトルバスターズ」を見た感想


20代男性
全話を通じて、リトバスメンバーでの対決シーンが全て面白いです。
原作でもそうでしたが、特に真人が毎度毎度いろんな貧乏くじを引いて、さんざんな目に遭うところなどは爆笑必至です。
もっとマニアックなことを言うと、最初のバトルシーンで「三節棍VSうなぎパイ」になるところなどはツボです。
まあ、武器選べないんで。原作でも、このシーンは特に面白おかしく描写されているので。
でも、そんな真人ですがとても心優しいところがいいんですよねぇ。


20代女性
普段は、バトル物や異世界物、魔法物しか観ないのですが、リトルバスターズは、そんなに人でも楽しめるアニメだと思いました。
ほのぼのした感じでストーリーが進む、日常系アニメだったので、観ていて穏やかな気持ちになりました。
たまには、こういうアニメも悪くないなと思いました。
15話の理樹くんの女装がとてもかわいくて、是非一度は見て欲しいシーンだと思いました。


40代女性
ゲームは未プレイでしたが、KEYさんだし「エンジェルビーツ」も面白かったしで、期待していました。
コメディというか明るく始まって、明るく進んで行きましたが、でもKEYさんだしな……と思っていたら、1期が終わってしまった……
2期楽しみに待つことになりました。


20代女性
初めて観た時は軽いノリの癒し系日常アニメなのかと思っていました。
でも実際に観続けているとバカみたいに笑えるノリを含みながらも、それぞれのキャラクターの背景がとても深くて感動するシーンがたくさんありました。
6話で小毬ちゃんの心を救うために理樹が描いた絵本の続きは特に心が温まり、この話がこの作品を最後まで観ようと思った決定打になりました。


20代男性
このアニメは感動するアニメとして有名なようなのですが、ただの独りよがりの話を見せ付けられ、それを見て感動しろと言われているようで、まったくと言っていいほどおもしろくありません。
なんだか、作り手の演出が透けて見えてしまってよくない作品です。


20代男性
1期は26話ありますが、ここまでの内容はあくまで2期のRefrainの伏線に過ぎないというかなり思い切った構成になっています。
ストーリー、キャラクター、音楽など基本的に原作のまま。
主人公の理樹の声が思っていたよりも女性的なのが多少気になりました。


関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/42-54772420
カテゴリ
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ 銀魂 (2)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ NEW GAME! (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント