海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

僕のヒーローアカデミア 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


【海外の反応】僕のヒーローアカデミア 【from KYM】 : 海外2ch速報 NEW

【海外スレ】僕のヒーローアカデミア 総合【雑談】 : 海外2ch速報


















関連記事

日本のアニメ「僕のヒーローアカデミア」の視聴率が低迷!→過去の日5アニメの視聴率も分析した結果www【台湾人の反応】 : kaola.jp


【Amazon.co.jp限定】僕のヒーローアカデミア Vol.1(初回生産限定版) (各巻購入特典:場面写ブロマイド付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】僕のヒーローアカデミア Vol.1(初回生産限定版) (各巻購入特典:場面写ブロマイド付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
THE DAY(期間生産限定アニメ盤)
THE DAY(期間生産限定アニメ盤)


amazon画像リンク作成ツール


このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「僕のヒーローアカデミア」で印象に残っているシーンと感想


40代女性
オールマイトがノウムと闘った後、
体がもう限界なのに生徒達を
守るため虚勢を張っている場面で、
オールマイトの秘密を知っている
出久が敵に立ち向かって行くシーンが
印象的でした。勝てる見込みはなくても
勇気を出して敵に向かって行くデクくんは
カッコイイとおもいました。


20代女性
久々に王道だけどハマっちゃう真っ直ぐな少年アニメに出会いました!
中でも印象に残ったシーンはやはりオールマイトが主人公のデクに『君はヒーローになれる』と言葉をかけるシーンです。
言葉をかけられた時のデクの心境を考えると思わず涙が出てしまいそうでした。
2期が決定したということで楽しみですね!


30代女性
オールマイトの「私が来た!」が最高に気に入っています。

小学生の子供と一緒に見ていますが、子供たちが毎週すごく楽しみにしていました。
健全でまっすぐな内容の作品なので、日曜のゴールデンタイムに子供に進められる内容だったのがいいですね。
オールマイトがヴィランを倒しに変身して登場するシーンでは子供たち全員で「私が来た!」と叫んでいたほどです。

2期が早くやってほしい作品ですね。


30代女性
出久の前でオールマイトがはじめてヨレヨレな通常の状態を見せてしまったシーンが一番強く印象に残っています。
あんなに無敵なヒーローとして描かれてきたオールマイトのあまりの変わりようが面白く、
「腹筋に力を入れてる感じ」という例えも印象に残っています。


20代女性
僕のヒーローアカデミアは熱い展開のシーンがたくさんありますが、その中でも最終話付近のヴィラン連合との決戦のシーンは特に印象に残っています。
生徒一人一人は勿論、オールマイトや相澤先生といった教師陣の生徒を守る、プロヒーローとしての姿が素晴らしくかっこよく、熱いものがこみ上げてきました。
2期も決定したので、体育祭編などこれからも楽しみなシーンが多いです。


40代男性
主人公の出久が、母親と病院の先生とのやり取りシーンがグッときました。
ヒーローに憧れる出久に対して医師の残酷な診断結果が出ます…。
今後、個性が出る事は無い!
その結果に対して、落ち込む出久だが母親はひたすらにごめんね…。
夢を諦めさせたのが、母親本人と思い込んでいる姿は考えさせられますね?
そうじゃないんだ…それでも頑張ってと言って欲しい出久。
子の気持ちと、親の気持ちが両方分かり涙しそうでした。
地味なシーンですが、かなりインパクトがあると思いました。


40代女性
主人公の緑谷くんをいつもばかにしてののしる
爆豪少年が、ヒーロー対ヴィランの戦闘訓練の
授業で、緑谷くんに負けるシーンは
爽快でした。腕がボロボロになっても
カッちゃんに負けたくなかったデクくん。
イジメっ子のカッちゃんをやっつけて
見ているこちらも気分が良かったです。


20代男性
ヒロアカで印象に残っているのは、実技授業でのデクvsかっちゃんのシーンです。
今までかっちゃんにバカにされていたデクが覚悟を決めて立ち向かうシーンが印象的でした。
あのシーンからデクが主人公だと認められるようになりましたね。


20代男性
主人公のデクがオールマイトから「君はヒーローになれる」と言われて、泣いているシーンが印象に残っています。
友人や親など誰にも認められなかった主人公が憧れの人にヒーローになれると言われて泣いている姿をみて、こちらも涙がでるほど感動しました。


20代女性
主人公の通っているヒーロー学校に敵が攻め込んできた時、なんとか自力で対応する生徒達にオールマイトが駆けつけ、
ボロボロになりながらも能力を限界まで使い続ける際の「私は平和の象徴なのだから!」というセリフがとても印象に残っています。
オールマイトのヒーローとしての精神を感じ、とてもかっこいいと思えました。


30代女性
やはり2話最後の〆である、「君はヒーローになれる!」のシーンが印象的です。
その瞬間まで、主人公のデクはヒーローになることを半ば諦めていました。
本当は誰かにずっとそう言って欲しくて、その言葉をくれたのが憧れのオールマイトで。
積み重ねた不幸がやっと報われる瞬間で、カタルシスも半端なかったです。
胸にくる、名シーンだと思います。


20代女性
梅雨の初登場シーンです。とても個人的な理由ですが、梅雨ちゃんが大好きだからです。
漫画をもともと読んでいてアニメを見たのですが、梅雨ちゃんの声ってどんな感じなんだろう?と勝手に想像したりしていたので、
実際に聞いたときは思わず「おおっ!」と声に出していってしまいました。
なんとなく喋り方や声に蛙っぽさを感じたので、すごくいいと思います。


30代男性
デクと筋肉だらけのヴィランが戦う戦闘シーンですが、その戦闘シーンが終わった時、ポカーンとなりました。
脳無戦でのオールマイトの100%越えパンチといい、体育祭で轟とデクが戦う時の捨て身の連続風圧攻撃といい、脳筋攻略もここまでくると清々しい。
筋肉ヴィランとの戦いでピンチになりデクはどうするのかと思いきや威力1000000%のワンパンである。
新技を出した分けでもない。限界もない。何のひねりもなければ緊張感もない。
ああ、強いさ。強いとも。だが、デクが限界突破して120%だとか200%だとかいう漫画は数あれど、こんな数字をだされるとなんとも言えない。
もう作戦とか理屈とかそんなもの全部ひっくるめて気にせずパンチを叩き込む・・・。
正直このまま主人公がピンチになる度に0の数を増やされても、面白味が感じとれない。


20代男性
印象に残ってるシーンは脳無をオールマイトが殴って吹き飛ばすシーン。
感想は無能力者だった緑谷がオールマイトから能力を受け継ぎ、師であるオールマイトが予想していた上を行く努力で窮地を切り抜ける姿や緑谷の事を下に見ていた爆豪を倒す所とか凄い痺れるシーンが多くて毎回ドキドキしながら見ていました。あと梅雨ちゃんが可愛かった。


30代女性
今年見たアニメ(漫画)の中では個人的に最強だと思います。
正直うだつの上がらない、しかも「無個性」である主人公の「緑屋出久」くんが、
憧れのNO,1ヒーロー「オールマイト」に「君はナンバーワンヒーローになれる」と言われて涙を流すシーンには、感動して思わず私も泣いてしまいました。
「僕が最強のヒーローになるまでの物語である」という冒頭で物語もはじまりますが、
何かが始まるワクワク感と、思わず主人公を応援したくなるお話というのは、私的に少年漫画ではかなり重要な要素だと思っています。
そして見ている読者も主人公たちと一緒に泣いて笑って共感して、何だか元気になれる、そんな前向きなアニメなのではないでしょうか。
世界観は勿論の事、色んなヒーローや仲間達の個性も見ていて楽しめます。
自分がもし「僕のヒーローアカデミア」の登場人物だとしたら、どんなヒーローになれるのか?とか、想像を膨らませたりしても面白いと思います。


20代女性
私は原作を読んだ事が無かったのですが、アニメを見て原作にとても興味が湧きました。
第1期が短く残念だなと思いましたが、今から第2期がとても楽しみです。
第2期が始まる前に是非原作の方を読んでみたいと思います。


40代女性
UA学園の入学試験で、
実戦で全くポイントを取れなかったい出久が
お茶子ちゃんの危機を救うために
大きな敵に立ち向かうシーンが
印象に残っています。
他の生徒達は自分のポイント稼ぎで
夢中なのに、まず人を助けようとする
出久くんはほんとのヒーローだと感じました。


20代女性
主人公がヒーローが映るPC画面を涙を流しながら微動打にせず、背後から主人公の母親が泣きながら主人公を抱きしめたシーンが1番印象に残っています。
このシーンを私は、子供を出産して入院している時に病室で赤ん坊と見ていました。
周りと違うから、個性がないからとアニメが進んでいき、母親になったばかりの私は主人公の母親に感情移入してしまったのを覚えています。
自分の子供が個性の事で悩む時が来た時は私も応援して挙げられる親になりたいと思いました。


20代男性
初登場から最新話まで何度も見かけるシーンですが、印象的なのはオールマイトの「私が来た!」という場面全てです。
いかなる窮地に立たされていてもこのセリフを聞いた時の安心感やかっこよさは何度見ても心に響くものがあります。
ただ、原作でのオールマイトの状況を考えるとこの先何回聞くことができるのか…とても楽しみです。


20代男性
峰田がミッドナイトとの戦闘で叫ぶ「全部かっけぇ男になる為なんだよなぁ!!」というシーンが印象に残っています。
下心丸出し、自分の欲望むき出しの不純な動機をベラベラと話し、一見最低に見えるシーンですが、ぶれない心と確たる信念を貫き通すという点で緑谷に共通するカッコよさを感じました。


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/443-a60179cb
カテゴリ
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ 銀魂 (2)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ NEW GAME! (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント