海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ぼくらの 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


ぼくらの EP1:ゲーム 海外の反応「OPを見終わった段階で、これは期待できると確信した!」

ぼくらの EP2:ジアース 海外の反応「コエムシはハム太郎の失敗作のようだ」

ぼくらの EP3:秘密 海外の反応「一般人が普段と変わらないような振る舞いをしていたのはちょっと変」

ぼくらの EP4:強さ EP5:弱さ 海外の反応「あの子たちは純粋な天使ではない」

ぼくらの EP6:情欲 EP7:傷 海外の反応「瓦礫が落ちる前に転送されてほしかった」

ぼくらの EP8:復讐 EP9:家族 海外の反応「遊園地を守ったダイチに感動した!」

ぼくらの EP10:仲間 EP11:命 海外の反応「モジは最も意味のある死を遂げた!」

ぼくらの EP12:血のつながり EP13:地球 海外の反応「ゾッとした。なんて残酷なアイデアだ!」

ぼくらの EP14:迷い EP15:自滅 海外の反応「包丁は羊かんを切るためのものだ!」

ぼくらの EP16:正体 EP17:情愛 海外の反応「コエムシにネタバレされた!」

ぼくらの EP18:現実 EP19:母 海外の反応「カナはやめてくれー!」

ぼくらの EP20:宿命 EP21:真相 海外の反応「コエムシの全容がようやく明らかに」

ぼくらの EP22:道程 EP23:雪景色 海外の反応「ありがとう、マチ!」

ぼくらの EP24(最終話):物語 海外の反応「人に薦める価値のあるアニメだ!」


関連記事

ぼくらの監督、原作嫌いでストーリー改変:海外の反応

アニメリアクション


テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1
テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1


このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「ぼくらの」の魅力は何ですか?


30代男性
ぼくらのというアニメの魅力は何かというとそれは何も知らない少年少女達が急に招集されて
巨大ロボットで戦わされた挙句に操縦者に選抜されると死んでしまうという設定です。
これまでいろんなアニメを見てきましたがこんな理不尽なロボットアニメは見たことがなかったです。


40代男性
鬼頭莫宏さん原作漫画のアニメ化でアニメは2007年に対し、原作は2009年に完結しており、当然、両方とも違う結末を迎えている。(但し、途中までは原作準拠)
最後に生き残る子供も違う。アニメの方がやや希望がある? 原作は生き残っても救いはない。
平行地球の生き残りをかけて、巨大ロボット「ジアース」の搭乗者として
各戦闘で1人、勝っても負けても死ぬ。コクピットの椅子は、搭乗者の子供の想い出の椅子である。
絶望しかない設定に、OPの「アンインストール」が悲しく響く。
残された期間、どう生きるか、残酷な選択を15人の子供たちがどう決断するのか。
酷い話ではあるが、それだけに目が離せなくなる、凄まじい話であった。
アニメは、あすみんが生き残って語り部になる辺りは割と好き。(キャラ名もカナ。)
原作では、ウシロより先に出撃して… どっちにしても、やるせない。
杉田さん演じるダイチの回とか辛い。どの話もキツイけど…


30代女性
どこにでもいるようなこどもたちが、ある機会を境に命をかけた戦いに巻き込まれていく。
戦いに勝っても負けても、自分は消滅してしまう。
けれど、戦わなければ自分たちが生まれ育った世界が消滅してしまう。
こどもたちは皆さまざまな性格をしていて、考え方もいろいろで、でも皆同じようにたくさん苦しんで、結局戦って世界を守り、消えていく。
そこに至るまでの葛藤が、とても切なくて印象的だった。


20代男性
従来のロボットアニメには無かった世界観!
操縦者の生命と引き換えに敵を倒すロボットを動かすという事を強要された少年少女達
次々と現れる敵を撃破しながら消えていく仲間の死を乗り越えようとする子供達の人間ドラマでもあると思います
戦いを重ねてく事に成長していく子供達に感動してしまう作品です


10代男性
自分が思うぼくらの魅力は人間性にあると思います。
子供達の人間性がよくでていて凄いと思いました。
操作する人が死ぬという事を初めて知ったときの心情をよく表現できていて感動しました。
また、オープニングにもそれが現れていてストーリーを読み解いていくうちにどんどん楽しくなってきます。


コメント
原作クラッシャーのゴンゾと呼ばれていた頃の作品














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/473-711dee4e
カテゴリ
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ 銀魂 (2)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ NEW GAME! (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント