海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

進撃の巨人 Season 2 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


【さすが外国人】クオリティが高すぎる女型巨人コスプレが海外で話題! : かっとびジャパン NEW

海外「待ちわびたよ」アニメ進撃の巨人シーズン3に海外の興奮が止まらない : かっとびジャパン

【進撃の巨人】最終話「叫び」吹き替え版がついに公開‼Dub声優の演技を絶賛する外国人の反応 : こんにゃく翻訳

















関連記事

進撃の巨人Season2新OP“心臓を捧げよ!”を見た海外の反応「評判は微妙…!?」 : こんにゃく翻訳

進撃の巨人Season2新ED“夕暮れの鳥”を見た海外の反応「気味が悪いけど好き」 : こんにゃく翻訳

外国人「進撃の巨人2期が1クールになった理由はアニメ業界がヤバいかららしい」 : 海外の万国反応記

海外「生物の進化を表している」進撃の巨人第二期オープニングに深読みする外国人達 : かっとびジャパン

海外「ついに来た!!!」→進撃の巨人2期opへの海外の反応 : おもしろ動画反応まとめ!!!

海外「いつみてもこのpvは狂っているよ....」→進撃の巨人2期EDへの海外の反応 : おもしろ動画反応まとめ!!!

海外の反応「「進撃の巨人」2期の今のところの評価を教えてくれ!」 : !!翻訳注意報!!

【進撃の巨人】終わることのない字幕vs吹き替え論争。獣の巨人はSubとDubどっちが優れてる?海外の反応 : こんにゃく翻訳

海外の反応「進撃の巨人2期の第6話の小さなミスに気付いた?」 : 海外のリアクション

海外の反応「なんで「進撃の巨人」ってここまでのヒット作になったのかな?」 : !!翻訳注意報!!

【進撃の巨人】ライナー&ベルトルト巨人化の吹き替え版がついに公開!!気になる外国人ファンの反応は? : こんにゃく翻訳

海外の反応「なんか「進撃の巨人」の2期って1期よりも作画がひどくないか?」 : !!翻訳注意報!!

【海外の反応】アニメ進撃の巨人のBD/DVD売上がシーズン1と比べて激減しているんだが… : こんにゃく翻訳

外国人「進撃の巨人3期、2018年に公開決定!」 : あにほん

海外の反応「進撃の巨人」サードシーズンが2018年より放送決定! : !!翻訳注意報!!

【進撃の巨人】シーズン2サントラ“Barricades”を聞いた海外の反応「まさに進撃の巨人」 : こんにゃく翻訳

【進撃の巨人】外国人ファンが選ぶシーズン2名場面トップ10を見た海外の反応 : こんにゃく翻訳

【進撃の巨人シーズン2】エレンとライナーの衝突/吹き替え版を見た海外の反応 : こんにゃく翻訳


【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1(内容未定) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1(内容未定) [Blu-ray]
進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)
進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)



このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「進撃の巨人」31話(2期6話)「戦士」を見た原作未読者の感想


20代男性
この回は話がいきなり動いたような回でしたが、巨人化した彼らがどうしてこの場面で巨人化したのかがいまいちわからない回でした。


50代男性
アニーもユミルも、ベルトルトとライナーが同じ様に巨人になれることを知らなかったわけなんでしょうか?でも、女型の巨人(アニー)がライナーを殺さずに見逃したことがあったのは、仲間と解っていたからなのか?アニーは知っていて、ユミルは知らなかったのか?エレンは何も知らないが、実家の地下に行けば何か解るのか。


50代女性
生き残ったエレンの同期は、みんな巨人化してゆくのかなと思えてきた。アニーもそうだったけど、なぜベルトルトやライナーはエレンを狙っているのでしょうか、エレンは人間の味方をするからなのか、別にエレンが邪魔しても目的は果たせそうな気もしますが、きっとなにかあるんでしょうね。


60代男性
前話ではユミルが巨人化して、今度はベルトルトとライナーも巨人になって・・・この先誰が巨人になってもおかしくないが、この先まさかミカサまでもが巨人になるのでは?


30代男性
これまで仲間達に対して偽善を貫き通してきたベルトルトとライナーに対して、とても怒りがこみ上げてきました。


20代女性
2人の以前からの会話に「あれ?急にどうした?」と感じる点もあったので納得した部分もあったが、やはり何故?最初から?裏切っていたのか?と腑に落ちないのもある。続きが気になります。


20代女性
ライナーが自分たちが巨人だとエレンに明かした場面は、今までに感じたことがない空気感で、いきなりだったのもありとても驚きました。
そして巨人に変身するシーンの迫力が凄まじかったです!ミカサの素早さや状況、どの声優陣も、鬼気迫る演技でした。


20代女性
ベルトルトとライナーが大型と鎧の巨人だったなんて思ってもいなかったのでびっくりしました。でもなぜ、2人はずっと人間と過ごして隠れていたのか、まだまだ謎がわかりません。2人が巨人になってこれから何をしたいのか、エレンに付いて来いとはどういう意味なのかとても気になります。


30代男性
小さい声で重要なネタバレが行われていて、思わず録画した映像を戻して見直しました。しかも、調査兵団がそれを疑っていたとはさらにびっくり。これからが楽しみです。


20代男性
前話はユミルの正体が明かされる話。今回で唐突に正体が明かされるなんて意外過ぎた。
超大型巨人、鎧の巨人とも「中の人」はいるだろうと思ったが、もっとサイコパス的な人物と思ってた。
今後は彼らの「故郷」といった背景が気になるところ。




「進撃の巨人 Season 2」第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

20代男性
待ちに待ったアニメが来たという気持ちで一杯です。今まで楽しみにしていたアニメなので一話から非常に満足のいくアニメでした。


40代女性
オランウータンっぽかったり目がやたらにデカかったりと巨人の異様さがグレードアップしており、ストーリー的にもどんどん凄まじくなりそうで期待が持てます。


30代女性
原作を読んでおり、アニメ1期も見ていたので、今回の2期をとても楽しみにしていました。
先を知っていながらもわくわくしながら見ました。次回以降も可能ならリアルタイムで視聴するつもりです。


30代女性
ずっと楽しみに待ってました。原作読んでるので先の展開は知っているのですが、一話から怒涛の展開でこの先も楽しみです。
前回に引き続き作画も素晴らしかった。


20代女性
アニメの1期が面白く、全て視聴していたので、2期を楽しみにしていました。
立体起動装置を使用した戦闘の迫力のある映像が好きだったので今回も期待しています。
2期の1話は見るのがつらいシーンもありましたが、続きが気になる作品なので最後まで視聴する予定です。


30代男性
もともと好きなマンガだし、Season1はクオリティが高く、スピード感のある動きを楽しむことが出来たから


40代男性
映像のクオリティが前期同様高かったので安心しました。
原作は読んでいるので先の展開は知っていますが比較しながら最後まで楽しみたいと思います。


30代男性
アニメ版、かなり面白かったです。良すぎて原作のコミックを全巻揃えたほど!
第2期のアニメ版も期待しているので、必ず見るつもりです!!


20代男性
1期の時から毎話見ていたが、再びエレンやミカサたちが巨人とどう戦うのか楽しみです。
オープニングも1期に引き続き、いい曲でした。


30代女性
シーズン1に引き継ぎ美しい作画と気持ちの悪い恐ろしい巨人たち、先の読めないストーリー展開に目が離せません!


20代女性
最初から最後までハラハラする展開で目が離せませんでした。
最後にミケが食べられてしまうシーンはグロすぎて心臓に悪かったです...


30代男性
前から大分間が空いてしまいどうなることかと不安材料が多かったですが、作画のクオリティ、演出、どれも素晴らしいです。1クールという噂もあり、原作既読者としてはどこまでで一区切りするのかが(恐らくはあそこだろうと予測はしてますが)楽しみであります。


20代女性
まず予告から作画がえらいことになっていたので、期待していたアニメです。
今回も作画兵団さんたちが頑張ってくれたんだろうなぁと、しみじみ思いました。今後が楽しみです。


30代男性
獣の巨人が話したことが衝撃的だった。実力者のニケさんがビビるのは仕方なく、巨人の恐怖は相変わらず凄かった。


30代男性
Season2が始まって早々、獣の巨人の登場やミケ分隊長がやられてしまうなど、激しい展開でのスタートでした。
今後も更なる急展開が望めますので、期待しています。


20代女性
女型の巨人と同様の知性のある獣の巨人が現れ始めシーズン1よりも絶望感が増しました。
言葉を話せる巨人という作品の本質に触れる内容がこれからの見所だと思います。


30代女性
第一期から見ていてファンです。
前回では女巨人アニーのところで中途半端に終わってしまって気になってしょうがなかったです。
やっと続きが見られて喜んでます。さっそく1話を見ましたが、後半に話せる巨人が出てきて驚きました。
最初は襲われているところを助けてくれたので味方かと思いきや結局、補食されるという…もうあの話せる巨人が一体誰なのか気になってしょうがありません。またハマりそうです。



様子見でもう少し見る

20代女性
漫画進撃の巨人はずっと読んできました。アニメも十分に楽しめるものとなっていると感じています。これからも楽しみです。


20代女性
未来の話で、人類と巨人が戦い続けた結果、どちらが絶滅の危機に対面しているか個人的に気になります。
あと、エレンとミカサの今後の展開についても気になるところです。


20代女性
ずっと2期の放送を待ってたので嬉しかった!
また動いているエレン達がみれてうれしい。展開や作画についてはこれからに期待してます。


関連記事
コメント
あにほん消えてるどうなってるの?
実写化でかなり株を下げたと思う
翻訳コメントの口調が通販のお客様の声みたい(笑)














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/590-265fe226
カテゴリ
 ┣ ID-0 (1)
 ┣ 惡の華 (1)
 ┣ 亜人 (1)
 ┣ Another (1)
 ┣ ARIA (4)
 ┣ UN-GO (1)
 ┣ AKB0048 (2)
 ┣ 鬼平 (1)
 ┣ orange (1)
 ┣ GANGSTA. (1)
 ┣ 銀魂 (3)
 ┣ CLANNAD (1)
 ┣ 黒執事 (1)
 ┣ K (2)
 ┣ 聲の形 (1)
 ┣ 桜Trick (1)
 ┣ SAMURAI 7 (1)
 ┣ 屍鬼 (1)
 ┣ ジブリ (2)
 ┣ SHIROBAKO (1)
 ┣ ZETMAN (1)
 ┣ TARI TARI (1)
 ┣ つり球 (1)
 ┣ DAYS (1)
 ┣ 東京ESP (1)
 ┣ 91days (1)
 ┣ ナルト (1)
 ┣ 氷菓 (1)
 ┣ BTOOOM! (1)
 ┣ Free! (2)
 ┣ BRAVE10 (1)
 ┣ HELLSING (1)
 ┣ マギ (1)
 ┣ 蟲師 (2)
 ┣ MONSTER (1)
 ┣ ゆゆ式 (1)
 ┣ ReLIFE (1)
 ┣ 霊剣山 (1)
 ┣ WORKING!! (3)
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。