FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

殺戮の天使 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


「ザックのおバカキャラが定着した」レイチェルとの掛け合いと謎解き要素に海外ファンからは賛否両論 殺戮の天使第4話 : 映画狂の詩 





海外「番外編がある気がする」殺戮の天使で早くもオリジナルストーリーを期待する声 アニメ第2話 : 映画狂の詩 

海外「レイチェルって死にたくないの?」ザック一筋のレイチェルを前にエディ散る アニメ第3話 : 映画狂の詩 








このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「殺戮の天使」第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

10代男性
期待していたアニメだっただけにとても面白かったです。
ザックの声は低いイメージがありましたがこれはこれで良かったとも思います。作画は完璧でした。


20代男性
狂気と暴力に満ちた展開を見せました。
最初にヒロインがどこだか分からない施設をさ迷い、今の所は物語の全貌の内の少ししか分かりません。
謎が多い一話でしたので続きがきになります。


30代男性
原作のファンでアニメも見ました。
ダークな雰囲気がよく出ていて、原作を大切にしていると感じました。声優陣も豪華で今後が楽しみです。


20代男性
アニメを観ているというより、ドラマを観ているような感覚になった。
要所での恐怖感を感じさせる演出がかなり怖くて面白かった。


40代男性
導入部からいきなり本編クライマックスみたいな感じで始まり
説明らしきものもなくとにかくハラハラさせられます。
正直、継続してみないことには何が何やらといった具合です。
ただ・・・主人公が可愛い。これだけでも来週が楽しみです。


40代女性
記憶をなくす前のレイチェルに何があったのか、ダニーの異常性はどこから来るのか、ザックは何者
なのか、とにかく謎だらけで先が楽しみです。
三人がいるフロアが一体どこなのか、レイチェルをフロアから出したくないダニーとレイチェルとフロアから
脱出しようとするザックの攻防が気になります。


20代女性
原作(ゲーム)が大好きでアニメを見たのですが、声優陣の声がキャラクターのイメージ通りでした。
特にザック(鎌をもった殺人鬼)の笑い声がゲーム通りで、いい意味でぞっとしました。


40代女性
興味が持てました。もっと血みどろかなと思っていたら、そうでもありませんでした。
昨今のこの手のアニメを見慣れているせいか、ホラーの加減もこの程度ならあまり気にせず見ることができます。
この程度が良いです。レイチェルのミステリアスなところも興味が引かれます。
初回の終盤でザッグの性格が少し垣間見れました。
この先の二人のやり取りや過去にとても興味がある感じなので、最後まで見たいと思います。


10代女性
アニメーションが綺麗で、キャラが良く動き殺戮の天使の独特な空気感がでていて引き込まれました。
声優も役に合っており、今後が楽しみです。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

30代男性
第一話だけではなんとも言えないが、殺戮の天使はキャラクターを操作しながら探索するホラーゲームからアニメ化されたようで今後のストーリー展開が楽しみです。


50代男性
これもネトゲのアニメとか・・・、レイチェルはなぜ1人で精神病院?に放置されてるの、記憶がないみたいだけど、親までも殺戮しまくって、それで送られてきたという話なのかもね。レイチェルが送りこまれたのは精神病院などでなく処刑場っぽい、一体どんな世界なんだ。


60代男性
ザックはフロアB6で、ダニーはフロアB5担当だったみたいですね、地上に出るにはあと4階を通過すれば戻れるのかな?そこには各フロアの担当が待ち受けている展開なんでしょうか。みんなザックに殺してもらえばいい。


10代女性
ゲームはやったことがあるので楽しみにしていました。ザックが一番好きなキャラなのですが、岡本信彦さんの声がぴったりでとても良かったです。


40代男性
ミステリーホラーなのかサバイバルホラーなのか、はたまた能力者物なのか、
1話の段階では、どういう内容なのが今ひとつわからなかった。
つかみとしては面白かったので続きに期待したい。


40代男性
話がさっぱり見えないので1話を見たかぎりでは何とも言えませんが展開次第では面白くなりそうな気配は感じたのでしばらく様子見です。


40代男性
第一話のみ見た感想として、予備知識がないため世界観やキャラクターの特徴などわかりませんでした。
第二話を観ないと面白いのかどうか判断つかない感じです。


20代女性
1話ではまだ物語の設定や背景が分からなかったので、2話から色々と明らかになるのを期待しています。
絵が綺麗で、主人公が可愛かったです。


40代女性
pixivコミックで3話まで読み、子どもに頼まれて録画して見ました。
割とコミックと同じように作られているなと言うのが感想です。声優さんはイマイチかな。
レイの演技が棒読みだし、ザックは苦手な声でした。ダニエル先生の声が1番良かった。


30代男性
どうしてそこにいるのか、そこが何処なのか、何故追われるのかもわからない状態で謎だらけでした。しかし続きが気になる作品でした。


20代女性
1話見ました。ホラーテイストの雰囲気で、レイチェルとザックの二人が今後どうなっていくのか?展開が気になります。個人的に作画が好きです。
1話で亡くなったダニー先生も変態というか強烈なキャラで、インパクト大でした。


20代女性
1話だけだとまだどういった内容かあまり理解できなかったですが、少しずつこのアニメの世界観がわかるような説明がありました。
まだまだ謎だらけだけどレイチェル可愛いし見ます。



あと何話か見て面白くなければ切る

30代男性
殺戮の天使というアニメの第一話を見ました。
第一話を見た感想としては、すごくこの先の展開がきになる感じでした。
主人公であるレイチェルは、この後どうなっていくのかをワクワクしながらこの後も視聴していきたいと思います。


50代女性
レイチェルとザックとダニーの3人しか登場してきませんね、しかも初話でいきなりダニーはザックに殺されちゃうし、2人だけになっちゃいましたが、タイトルの”殺戮…”からはピンとこない内容だわ。


30代男性
主人公のレイチェルは記録を失っているらしく、どういう状況にいるのかよくわからないらしい。
視聴者もまたよくわかっていないので、ほぼ同じ目線ということだろうか。
どうやらレイチェルは病院に来たつもりが、ビルの地下層に閉じ込められたらしい。
地下層でザックなる人物に出会うが、これがまたイカれている。
大鎌を振り回して人を殺す殺人鬼だ。
恐らく二人で協力して脱出する展開になると思う。


40代女性
導入は雰囲気があって面白そうと思いましたが、色々な世界をエレベーターを使いながら移動していく段階で、なぜそうなるの的なよくわからない感じでした。現時点でわからない事柄がわかれば面白くなってくるかもしれません。


50代男性
登場人物の声で別のアニメのキャラクターを連想してしまい、本作品自体を楽しめない。困ったものだ。
何かしらの狂気は感じるが、それが面白いかと問われれば違うと答えるだろう。
謎の物語が始まったけど、それほど興味をひかれなかった。


30代女性
題名を見てグロい系だったらどうしようと見始めたが、作風は可愛らしく思ってたよりも見やすいかも。
が、見続けたらやはり残虐な場面が増えキャラクターの表情も怖かったので、今後のストーリー展開によっては離脱するかもしれない。


30代男性
演出上無理なら仕方ないが英文は読めないので日本語表記が欲しい。
テレビで見るよりは解説系つけやすいWEB動画系で見たほうが見易いかも。

とりあえずcm的に見てしこりんと金髪美女が脱出目指すっぽいのかな?


30代女性
謎が多すぎてモヤモヤしているのでもう少し様子を見たいと思います。
会いたがっている両親を殺したのが主人公で、そのカウンセリングの様子が狂気じみている、ということ?謎です。



つまらなかったのでもう見ない

20代男性
第一話目から気分が悪くなるアニメです。
こういう救いのない物語が好きな人は見ればいいけど、私はこういうのは好きではありません。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/753-0f32f543
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。