FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
Amazon
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。


当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、
コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)
また、アニメの海外の反応を取り扱う、
ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。
お気軽にお知らせください。


更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

次世代起業家育成セミナー

ハイスコアガール 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


「海外の反応」ハイスコアガール、TV放送終了しての国際的見解 : 国際的日常アニメ 

アニメ「ハイスコアガール」第12話に対する海外の反応(最終回) : 海外の反応で英語の勉強(TOEIC受験記) 

「海外の反応」ハイスコアガール、最終回の行方についての国際的見解 : 国際的日常アニメ 






アニメ「ハイスコアガール」第3話に対する海外の反応(感想) : 海外の反応で英語の勉強(TOEIC受験記) 

「海外の反応」ハイスコアガール、第三話に対する国際的見解 : 国際的日常アニメ 



アニメ「ハイスコアガール」第5話に対する海外の反応(感想) : 海外の反応で英語の勉強(TOEIC受験記) 

「海外の反応」ハイスコアガール、第五話に対する国際的見解 : 国際的日常アニメ 


アニメ「ハイスコアガール」第6話に対する海外の反応(感想) : 海外の反応で英語の勉強(TOEIC受験記) 

「海外の反応」ハイスコアガール、第六話に対する国際的見解 : 国際的日常アニメ 


アニメ「ハイスコアガール」第7話に対する海外の反応(感想) : 海外の反応で英語の勉強(TOEIC受験記) 

「海外の反応」ハイスコアガール、第七話に対する国際的見解 : 国際的日常アニメ 







関連記事

中国オタク「俺も小学生の頃はゲームしているのを見ていてくれた女の子がいたのに……」ハイスコアガールに対する中国オタクの反応 : 「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む 

「海外の反応」ハイスコアガール、レトロゲームに再び注目した人々の反応 : 国際的日常アニメ 




このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「ハイスコアガール」第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり
40代男性
ゲーム画面頑張ったな~という印象がやはり強かった。
あの事件があったのでやはり注目してしまう。

40代男性
絵のクセはかなりありますがゲーム好きなので思わずニヤりとしてしまうような当時ハマっていたレトロゲームネタ満載で楽しめました。


40代男性
諸事情でアニメは延期されていたが、ようやくアニメ放送開始。
原作は既読だが、やはり面白い。
若干主人公の声がかっこよすぎる感じがするが、大きな違和感はない。
これなら原作を知っていても楽しめそう。


40代男性
寡黙なお嬢様がゲーセンに入り浸ってなおかつ最強ゲーマーで、すぐに暴力をふるうという強烈なキャラクター。次回以降も見たくなりました。


20代男性
アーケードゲームを題材にしていて、名作ゲーム「ストリートファイターⅡ」「魔界村」などの一世を風靡した作品が登場するのが懐かしくて胸に響くものがあります。主人公とヒロインのコミカルな関係にも笑えます


40代男性
原作を忠実に作られていると感じましたがハルオの声が微妙と思いました。
テンポが速く、ショートアニメを何本も見ているような感じがしました。このペースだと3話あたりで単行本1巻までは進むのではないかなと思います、
なので3話は必見かなと。


30代男性
思っている以上にハチャメチャな描き方しているのが特徴だったなと思いましたねストⅡでのカップルとの対戦の所では自分も昔似たようなことがあったなと思いだしてしまいました。次からどんなゲームが出てくるのか楽しみです。


50代女性
ゲーム経験まったくなく、見る予定もなかったけど、時間が合ったので「まあ1話だけでも見てみようかな(ノリが合わなければ途中でやめよう)」くらいの気持ちで見始めたら、これが意外と面白い!こういう子いたいたって感じの小学生男子と、ゲームも腕力も強い(笑)女子のやりとりがテンポよくて、ゲームわからなくても楽しめました。


30代男性
古き良きゲーセンの空気感をよく描いた作品。懐しいゲームが実際に登場するのが熱い。
大野のハイスコアにかける情熱とドSっぷりが面白いので今後も見たいです。


40代男性
懐かしいゲームがてんこ盛りの中年キラーなアニメは見ていて思わず涙ぐんでしまいます。
空気の悪い昭和のゲームセンターの雰囲気がとてもリアルに表現されていてびっくりしました。
主人公とヒロインは今後どうなっていくのか暖かく見守りたいながらも懐かしのゲームが
どんどん出てくるんじゃないかと期待しています。


30代男性
90年代初期のゲームセンター文化をネタにしたテンポのいいギャグが面白かった。スト2の画面がほぼそのまま出てきたのにも驚かされた。
あとEDがまさかのやくしまるえつこだったのにも驚かされた。予想よりずっと面白かったので最後まで観てみたい


20代女性
1話を見ました。90年代のアーケードゲームを中心とした内容に、懐かしさを感じました。
大塚芳忠さんの解説というか、ナレーションも良かったです。


20代男性
マンガを読んでいたので、作品を知ったうえで観ました。
懐かしいゲームセンターの状況等が描かれていて面白かったし、主人公たちがやっているゲームセンターで楽しむということ自体が自分の小中学生のときの憧れていた生活だったので色々自分のことと重ねて面白いと感じる部分もあった。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

40代男性
もう少し前のゲームセンターで遊んでいた世代だと、この頃に格ゲーが流行り出し業界全体は確かに潤ったのですがそれらが原因で一部のマニアしかついていけないゲームの進化が進みライトユーザーや一般人にお金を使ってもらう基本がおろそかになり、さらにCPUの進化により開発費がかさみはじめ、ハイスペックだからと言っても基本コンセプトはつまらないものはつまらないゲームになってしまうジレンマも加わり・・・・利潤も薄れ・・だんだんゲームセンターがつまらない。
魅力が失せたと考えるようになったユーザーと当時の現時点では格ゲーにどっぷりはまったユーザーもその後(15年後とか)も同じスタンスでゲームを楽しめたのは本当に少数のマニアだけになって・・・(とにかく、がんばれ!艦これアーケード 笑)新声社の「ザ・ベストゲーム」という本も格ゲーブームが爆発する直前に発行されて本当に良かったとゲームラボ等でディスられる始末。そしてそれもまた事実。
私的にはゲームセンターがつまらなくなってきたころの時代設定だったので、ちょっと複雑な気持ちで見ました。


50代男性
クールビューティーのあきらちゃんが可愛かった。優等生の彼女が最強のゲーマーというアンバランスな魅力がいいですね。


30代女性
ストリートファイターや魔界村など、古き良きアーケードゲームの画面や専門用語がとても懐かしかったです。
でも、小学生がああいうゲーセンに入り浸るのは危ないなあと思いました。


20代女性
まさかお嬢様がゲームに夢中(しかも上手い)になってる
アニメだと思いませんでした。
なかなかないタイプのアニメで面白い


40代男性
ストII、そしてストII。世代としては超懐かしい青春時代のゲームばかり。
これらの筐体がゲームセンターにあるという時代はいつなのかな。
またあの2人なんだかんだで女の子の方が主人公を好きな感じなのでそっちの進展も。
必要化どうかわからないけども。


60代男性
あきらちゃんって、じいやの高級車でのお迎えもあるくらいのお嬢なのに、財布の中味は50円しかないって。
子供らしくていいんだけど、毎日ゲームで使いきって常に空っぽって設定なのか?


30代男性
世代的にこのアニメのキャラクターの世代より少し後の世代なんで、当時のゲーセンの雰囲気などが懐かしかったです。
いろんな技が出てきて当時知らなかったんで、こんなんあったんだと思いました。


30代女性
ゲームが好きな人、とくに今回はストツーをしている人はより楽しく観れたのかな、と思いました。
ゲーセンにもあまり縁がなく、ストツーは名前を知っている程度だけど普通に楽しく見ることができました。


30代男性
とりあえず、オープニングが超ド派手なオープニングでした。
懐かしいゲームとかが出てきて、継続して見れば楽しめそう。
昔はまったゲームが出てきて、自分もこんなんやったなと半ば思いだしながら楽しんでます。


30代女性
ゲーム好きにはたまらないアニメ作品だと思います。
小学生が活躍する姿に子供たちは夢中になって観ていました。


30代男性
学生時代にゲームセンターに足しげく通ってた頃のゲームが多く、懐かしくて引き込まれる。
わからない用語にも解説があるのがありがたい。


40代女性
はじめは変わった作画だと思いましたが、ストーリーを見てしっくりきました。
とんでもなく懐かしいゲームセンターの光景と絵がぴったりはまっています。
ある年代の人間にはたまらないアニメです。


50代男性
題名の「ハイスコアガール」って、アキラのことなんだろうけど、全然喋らないんで主役はハルオなのか。
別に喋らなくてもいいんだけど、アキラの気持ちはストレートな暴力で表現されているね。
独り言とか少しでも表現が増えると面白いかも。


30代女性
ああいうのレトロゲーっていうのかな?よく知らないし
マニアックなゲームネタ満載だったけど、むしろそれが面白かった。
やってみたくなる。でも昔遊んでた人ならもっと楽しめる作品なんだろうな。

大野さんは今後も一切喋らない子なんだろうか。
唸ったりするだけなのも可愛いけどたまに何か喋ってほしい。


50代男性
著作権侵害問題で、放送がやっと始まったアニメの内容以外で注目されているアニメ。
内容はレトロゲームのオンパレードで懐かしさ満載です。
ヒロインがとにかく喋らないが、感情は豊かで、ゲームの腕前は一流だが少しせこいところのある主人公とゲームで何かと張り合うところがかわいかったです。



あと何話か見て面白くなければ切る

60代女性
アニメの背景って1991年なんでもう30年近く昔の話なのね、当時はネトゲなどなかったから、ゲーセンや喫茶店などでやってたね。
学校帰りの50円プレイなんて懐かしい印象を受けます。


20代男性
ストファイなどのゲームの豆知識や攻略法がちょこちょこ挟んであり、そういうのが好きな自分はだいぶ引き込まれてしまった。
晶の単純な感じもまた可愛く感じた。


50代男性
主人公のモノローグで話が進み、昔のゲーム事情や心理描写が能く描かれていて、主軸は面白かったです。
ただ、終始殴る、蹴る、八つ当たりするの暴力描写が続いていて視聴する側としては辛い感じを受けました。
最後のシーンは何となくほのぼのムードで終わるのかと思いきや、突如高級車が現れ、主人公をはね飛ばすという、もはやお笑いとは言えない(=まともに考えると重大犯罪)演出に幻滅しました。実際笑えなかったです。あと2~3回見て、このままの演出で話が進むならば、見るのを止めたいです。



つまらなかったのでもう見ない

20代男性
絵に癖がありすぎてダメだ。たぶん、おじさん世代には懐かしい内容なのだろうけど、そういうノスタルジーのない世代には受けつけない。



コメント
青春ヒヒヒの頃から押切のファンだった。
まあ最初読んだ時は何だこのキ○○イ作画は?
と感じたが。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/765-37f8cedc
カテゴリ
オススメ
脱サラに成功し"自由な生活"を手に入れる人が次々と生まれているオンラインビジネススクールです。 ドクターシーラボの元社長、池本克之さんが学長を務めています。 とりあえずメール登録後にプレゼントされる21分の動画を見て下さい。 ↓↓↓
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。