FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

BEASTARS 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


中国オタク「その手の趣味の人も、含蓄のある作品を見たい人もバッチリ対応できる作品だぞ!」BEASTARSに対する中国オタクの反応 : 「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

【海外の反応】BEASTARS1話感想をまとめたかった : 蠱惑的!わたモテ海外の反応まとめ








このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「BEASTARS」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

40代女性
草食動物と肉食動物が繰り広げる話が、今までにない新しい感じがして、とても好感が持てました。
最後まで見ようとすぐに思いました。


40代男性
原作がマンガ大賞を取ったので、アニメ化されるだろうなと思っていたらやはり。
チャンピオン原作は何気にヒット作が多い。
アニメはCGで立体感がある。
絵柄は原作のクセがある絵から、若干マイルドに見やすくなっている。
これから楽しみ。


20代女性
友達に勧められて原作から知っていたので、とても楽しみにしていた作品で、原作の独特の動物の世界観が表現されていて良かったです。


40代男性
人間に置き換えたら平凡な物語になりそうなところを擬人化した動物にすることで世界観に深みが出ていると感じました。
小気味の良い音楽や演出も独特でかなり引き込まれました。


30代男性
なぜか動物たちが二足歩行で学校に通っている。
この世界に人間はいるのだろうか?疑問は膨らむばかりだ。
疑問に関する説明は特になされなかった。今後もなされないかもしれない。
学校では肉食獣が草食獣を食ってしまうという事件が度々起こっている。
肉食獣を草食獣を同じ学校に通わせるということ自体が無謀のような気がする。
この作品のテーマは肉食獣と草食獣の共存共栄であり、肉食獣と草食獣はおそらく人種や民族のメタファーではないかと思う。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

20代女性
元々漫画のファンだったので、期待値が高かったです。
レゴシの声が若干暗いのが気になりますが、原作に忠実なのでこれからも視聴します。


20代女性
思った以上にレゴシや演劇部の雰囲気がしっかりと多様性をもって表現されているなと思いました。
動くレゴシのこじらせ感が愛らしく、話を知っていても続きが気になります。


30代女性
漫画で読んでアニメにも興味を持ちました。
獣人が繰り広げる恋や友情、困難に立ち向かう様などドラマの溢れる作品になっています。


20代男性
動物がたって生活しているという普通ならありえないテーマのアニメなのが新鮮でした。
ディズニーの某作品のようなイメージですが、もっとドロドロしていくんだと期待しています。


30代女性
動物が主人公という事が、凄く斬新だなぁと思いました。
内容も、殺人事件がおこり少しサスペンスの様な感じがして面白そうだなと思いました。


20代男性
久々にとがったアニメを見ました。こういうぎすぎすしたアニメというのは一部のマニアには受けるんだろけど。


30代男性
原作ファンも楽しめるような作りになっていて好印象。
やっぱり自分の好きなキャラクターが動いているのを見れるのは嬉しい。


50代男性
動物の擬人化とミステリーをあわせたようなアニメで面白いと思いました。
音楽も良くアニメーションも美しいと思いました。


20代女性
ビースターズは漫画でとても面白かったのでアニメ化してくれて良かったです。
漫画通りでシリアスなアニメの中では久々に継続してみようと思いました。



あと何話か見て面白くなければ切る



つまらなかったのでもう見ない


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/914-10d0dc76
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。