FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ノー・ガンズ・ライフ 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


海外「これはマジでクールな曲だな」日本のあの伝説のロック歌手の新曲が相変わらず痺れるほどかっこいいと外国人も賞賛 : 翻訳の森










このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「ノー・ガンズ・ライフ」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

10代女性
さいこうです


40代男性
主人公が銃の頭をしているという独特のキャラクターに驚きました。
どうやらこのあたりが作品の重要な鍵になりそうな気がします。
タイトルから見て、ガンアクションに期待できそうなので、このまま楽しく見たいと思います。


30代男性
バイオレンスな世界観、ハーボイルド展開、そして奇抜なキャラデザインの主人公がなんとも衝撃的な作品でした。
絵もきれいだったので最後まで見たいと想います。


40代男性
SFでハードボイルド。
作画はJOJOみたいでくっきりで見やすい。
キャストも力を入れているのがわかる。
久々に見応えありそうなアニメ。


30代男性
何といっても十三の異形が目を引く。頭が銃なのだ。
なぜ頭が銃になったのか、あの銃は撃てるのか、興味は尽きない。
そして鉄郎である。
彼は全身拡張者を遠隔操作できるらしいが、その為に声帯を潰され、足の腱を切られたという。
何とも重い設定の少年である。
この二人に引き込まれたし、アクションも良かった。
最後まで見ようと思う。


60代男性
テツロウの耳に発信機?、たぶんイヌイが取り付けておいたんでしょうが、このアニメって現代よりもっと未来の話と思えたので、そんな旧式な道具は簡単に気付かれるのでは。


30代男性
キャラクターデザインのインパクトが物凄い。
ハードボイルド物ということで主人公を含めたキャラのウィットに富んだセリフのやり取りが心地よかった。


40代女性
最初はいくらなんでも顔が銃なのは、と思ったけどどんどん面白くなっていった。
町並みやセリフがハードボイルドでかっこいい。
特に終盤から盛り上がってきたので時間が楽しみ。
あと照れた顔がかわいい。


30代男性
サイバーパンクな世界で女と子供と湿気に弱い頭に銃を持つ男の物語でした。
1話にして大企業に真っ向から喧嘩を売ることになりそうですが、どう転ぶのか楽しみです。


30代男性
常にタバコをふかしている十三は諏訪部順一さんの素晴らしい演技と相まってハードボイルドでかっこ良かったです。
アニメとしてのクオリティも高くストーリーも面白いと思いました。


20代男性
久々にこういうアニメ見た気がする。サイバーで退廃的な世界観が楽しい。
敵キャラ2連式のリボルバーが印象的。ノリでできてる謎銃って好き。
「つまんねえマネしやがって」のセリフは殊に演技力感じさせましたな。


50代男性
見る前、アップルシードのブリアレオスを彷彿とさせる(それ以上の)異形の主役にやや敬遠気味でした。
そして、さんざん放送された番宣から受けた印象通りの内容でした。
一匹狼が巨悪に挑むという、平井和正の【サイボーグブルース】風で、セオリー通りの作品の様です。
ハッキリ言って、私はこの手のジャンルがやや苦手なのですが、丁寧な作画、演出は好印象でした。
登場人物は、まだ一部しか出てないので何とも云えませんが、”曲者”が多く出そうでやや期待出来そうです。
このまま見続けたいと思います。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

60代男性
主人公のキャラデザが受けいられるかどうか、つまり感情移入できるかどうか。
世界観も無理設定でどうも・・・。しばらく様子見ですね。


20代男性
第1話を見ましたが面白かった。
頭が銃というところで、見る前はかなり引いてて、見るかどうか迷っていましたが見て良かった。
この面白さが続くのなら最後まで見るでしょう。
ハードボイルドで、主役キャラがかっこ良い。
でも諏訪部さんの演技が上手くて、いかにもかっこつけてるという演技じゃないのが良い。
駄目な所は、一部、モブキャラの動きが3DCGで、同じ調子で動くのでかなり奇妙に見えるところ。
露店を歩く場面の通行人とか。


40代男性
マッドハウスが製作しているだけあって映像のクオリティーは高かったです。
川井憲次氏による音楽も良く独特な世界観にも引き込まれました。


40代男性
頭が銃というかなりインパクトのある主人公の姿には驚かされました。
まだ世界観の設定によく分からない部分が多いですが、ハードボイルドな雰囲気が非常に好みなのでしばらく見続けたいです。


40代男性
主人公キャラの頭部が銃になってるのが珍しく新鮮だった。
要所要所で差し挟まれる裏社会もの特有のちょいエロ描写も全体の雰囲気を暗くし過ぎない良いアクセントになっている。
話の内容はもう少し見ないとわからないので、視聴継続。


50代女性
パット見た絵柄がジャンプっぽいと思いました。
ストーリーは鋼の錬金術師、コップクラフト、約束のネバーランド他をみんな取り入れてしまいました的な感じがします。
まだ、一話なので少し様子を見ようかと思っています。


30代男性
主人公が奇妙なのがインパクトがあって素晴らしいですし、ストーリー内容も古臭く作画のタッチがださいのが逆に渋くてよかったです。


20代女性
主人公の頭が銃なのには驚きました。しかもちゃんと撃てるし、シリンダーまで回せるとは。
十三の頭がなぜ拳銃なのか、鉄朗がなぜ実験台にされたのか、この先の展開が気になります。


50代男性
テツロウは施設から連れ去られたわけでなく、逃げ出すために拡張体の遠隔操作をして実現したのか、だとするとジュウゾウへの依頼者はテツロウということになるけど、報酬が貰えるか心配では。


40代男性
キャラのデザインが個人的にはあまり好みではなかったのでどうしようかと思っていましたが、第一話を見た時点では世界観やストーリーは面白そうに思えたので続きを見たいと思えるうちは継続視聴すると思います。


30代男性
主人公のデザインが最高です。今までにないものなのでそこをうまく生かしてストーリーが進んでほしいです。


50代男性
頭が銃っていうは、あまりに斬新すぎて笑いました。ストーリーもデザインも昔のアニメっぽくてそこが気に入りました。


30代男性
全体的にアニメが薄暗くて、機械化された人類とされてない人類が共存する世界というSFな世界が設定ですが、主人公や世界観がかなり渋くて、戦闘シーンがかっこよかったです。


30代男性
タイトルとイラストだけでよくあるデスゲームものと思った人も多いんじゃないでしょうか?実はハードボイルドSF!! 


30代男性
主人公の見た目が変だったので正直期待していなかったけど、以外に渋い感じでしっかりしたストーリーもありそうで面白かった。
少しクスッと笑える様な場面とかもあって楽しめた。


30代男性
頭が丸まる銃になってる主人公のビジュアルが衝撃的でしたが、外見とは裏腹な若干コミカルなところもある義理人情の厚さのギャップが印象的で、世界観もハードボイルドを全面に押し出した独特の印象でした。



あと何話か見て面白くなければ切る

30代女性
頭が銃と言うインパクトと渋い声ハードボイルドを意識しているのに、でも頭銃と言うギャグ要素があるギャップに驚きで、謎もありなかなか面白かったです。


20代男性
なんじゃこりゃ、これは顔芸アニメですか。
それにこれアメコミ意識しているのかね。ただ、何か中途半端な作りなんだよね。


50代女性
題名が「NO GUNS LIFE」なのに、主人公の頭がいきなり銃ってなんなんでしょう?
頭の銃は自分では撃てないのかしら、女には弱そうなんで興奮したら暴発したりして。


30代男性
まず、なにこの主人公?といった感想を受けました。世界観が全くのわからずのスタートだったのでアニメの一話はこんなものかといった印象です。引き込まれたという感じはしてはいませんが、3話までは様子を見ようかなと思っています。主人公の過去がこれから明らかになってくれば面白くなるのかな?と感じています。


50代男性
シリアスにストーリーを進むのかと思いきや、ゆるキャラ風味なコメディなカットが入るのは何なのか。
深刻な展開を徹頭徹尾に描写し続けたら大概の視聴者が逃げると思ったのかもしれないが、中途半端はよくない。
やるならいっそ、銃口部分から煙草のケムリを吐き出したら面白いかもですよ。
あと最後のパンチで電車を止めようとするのも力学的に不可能過ぎてダメ過ぎる。
最初の話くらいはどのような形でもいいから、単純に解決して後味のよいものにして欲しい。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/918-9a319182
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。