FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

pet 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


今後どうなるか興味がある!アニメ『pet』2話の海外の反応




自分は一体何を見ていたんだ。アニメ『pet』1話の海外の反応

海外の反応直感的








このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「pet」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

30代男性
期待して見たところ、めちゃくちゃ面白くじっくり見れたアニメで良かったですね。
シナリオ、声優、キャラクターの描き方などが好みでこれからも見ていきたいと思います。


40代女性
最後に潰し屋が誰なのかわかって驚いた。
まだまだ話の展開が見えないのでどうなるのか先が楽しみ。
ちょっと怖さがあって面白いかも。


30代男性
ミステリー、サスペンス、バイオレンスな要素も合わせた大人向けの作品でした。
対象者の脳内を操作するような内容が見られたのが印象的でした。面白かったです。


40代女性
記憶を操作できるお話なので子供の様子がおかしいのも、それが原因なのかと思って見ていました。
子供に声をかけたお兄さんも同じ能力者で将来一緒に仕事をすることになるとは運命を感じますよね。
あからさまにヤバイ組織が絡んでいるのが態度の悪い連れからも分かるし、桂木も悪人面で何が起こるのかドキドキしながら見ていました。純真無垢といった感じの青年二人が登場して被害者になるのかと思ったら能力者だったとは何かが始まったって思い楽しみになってきました。二人の青年のこと、悟が今何を思っているのか、林の行方は、会社とは何かなど色々な謎が明かされるのが楽しみです。


50代男性
話しの最初からストーリーの中に引きこまれました。
全体を通しても飽きることなく楽しめることが出来ました。次回も楽しみです。


40代女性
petという題名から、楽しくかわいいアニメだと勝手に想像して観ました。
最初から母親の悪い気持ちの中で生きる子供が出て来て、
タニとヤマについて自分と重ねて見入ってしまいました。
潰し屋の序章に過ぎないのでしょうが、脳内に入り込まれた横田の様子が狂気でした。


60代男性
よく登場する店長のケンジが主役なのかと思いきや、最終的に利用されているっだけっぽい感じだし、このアニメって一体誰が主役なんだろう。多分ケンジはもう出てこないように思う、能力は地獄耳だけだったの?


30代女性
始まってすぐ結構衝撃的な映像があって驚いた。
中々ダークそうな話っぽいけど個人的には好き。
現時点ではまもとな人間がいなさそう。
まだまだ謎が多いから今後の展開がとても気になる。


20代女性
最初からグロテスクなシーンが頻出していたので少し戸惑ってしまいましたが、話の内容はすごくおもしろかったです。
不思議な世界観でせっかく面白いのに、グロテスクなシーンがあるので視聴者が減りそうでもったいないなと感じました。


50代女性
ところどころ目を覆いたくなるシーンがあった第一話。
このまま見続けていけるのだろうかと一瞬不安になったけれど、物語の展開が気になって二話を視聴した。
ヒロキと司が他人の記憶に入り、記憶を変えていく方法が描かれていたが、これがどのようなことに役立っているのか(これから行くのか)が明らかになっていないため、次回を楽しみに待っている。
それにしても、司はいつも穏やかで冷静だけれど、いろいろと考えていそうでなんだか怖い。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

40代男性
原作知っていない人は暫くワケワカメだとおもうけど頑張ってほしい


30代男性
時代背景がなかなか掴みにくくて、日本が舞台になっているところには親近感が湧いて好感が持てました。
暗い感じの雰囲気のするアニメという印象も強かったです。


40代男性
出だしがいきなりけっこう衝撃的で「つかみはOK!」って感じだったが、その後はそこまで惹かれるものはなく様子見します。


20代男性
たまたまチャンネルをザッピングしていた時に、放送が始まったので見てみることにしました。
原作等も全く読まずに視聴を開始したため、何のことだと思いながら30分が終わってしまいました。
ただ、次も見たいと思う展開でしたので次回以降も見ていきたいです。


40代男性
アニメ「pet」第1話を見た感想としては、本当に人の記憶を操作できるとしたらとんでもないことになるなと思いました。
アニメだから出来る設定ではありますが、近い将来実現可能なことなのかもしれないという思いもあります。
技術の進歩によって、記憶操作が簡単に出来る時代になったら何を信じたらよいのかも分からなくなってしまうのではないかとも考えてしまいました。そういう未来を描いているのだと思うと、この先の展開も気になってしばらくは見てみようと思っています。


50代男性
ヨコタはカツラギに殺されちゃったのに、ケンジは記憶を消されただけで済んだ?ようだけど、扱いの違う理由がよくわからなかったぁ。


50代男性
少し内容が難しい作品だと感じました。
主人公の二人が果たして善人なのか悪人なのか?潰し屋何て呼ばれているので、悪人っぽいように思えます。


40代女性
現在放送中の「バビロン」を制作している会社が作っているアニメと言うことで観てみたのですが、これは現実なのか、それとも登場人物の妄想なのか、判然としない部分が多いのは制作者の狙いかな、と思いました。
主人公ふたりが「潰し屋」なのにはビックリしました。
続きが楽しみです。


30代女性
今の自分は操られている、ただの操り人形かもしれない...なんて、ありもしないことを考えて怖くなった。


20代女性
漫画は以前から知っていたのですが、アニメがやっていたのは知らなかったので、友人から見るといいよ、と勧められたのが切っ掛けでした。サイトで声優さんの名前を検索すると殆ど聞いたことがある方々だったので今では継続する限りは見たいな、と思っています。


30代女性
2話まで見ましたが正直面白いかどうかまだ分かりません。
原作も読んでないので…とりあえず夢をどうにかしてる?事くらいしか分かりませんでした。
主人公の声優さんの棒読み具合が気になりますがもう何話か見て継続して見るか決めようと思いました。



あと何話か見て面白くなければ切る

60代男性
設定がややこしくてわかりづらい。


20代男性
意識高い系オタクが好きそうな作品ですけれど、私にはどうもキャラクターデザインが苦手です。
それにお話しも苦手なテイストです。


30代男性
イド:インヴェイデッドと方向性としては似ている。
ただあちらは無意識で、こちらは記憶がターゲットだが。
記憶の改変が本作の重要なテーマらしい。
「ヤマ」「タニ」「イメージ」「潰し屋」など独特のキーワードを理解するのにもう少し時間がかかりそうだ。


40代男性
そもそもサスペンス作品があまり好きではないというのもありますが、どうにも絵柄が苦手というか女性層を狙ったような作りであまり受け付けられませんでした。


30代男性
説明が省略されてる印象で1話だけではどういう話なのか理解が難しい印象でしたが、逆に言えばどこまで幻覚の世界なのか?という事にもなるのでしょうか?


40代男性
キャラクターの絵柄が自分の好みではなかったのですが、話の内容には多少興味は持てました。
ただ第一話だけでは明らかに概要の説明が終わってない様に感じましたのでもうしばらく視聴を続けてから視聴を続けるかどうかは決めようかと思います。


30代女性
話題作だったので見てみたが、主題歌があまり好きなタイプの歌ではなく、内容もキレイに作られているとは思いますがストーリーに面白味を感じませんでした。


50代女性
アニメの名が「pet」だったので、犬や猫などの動物にかかわるアニメなのかなと思って見てみたが全然違った、ネーミング「pet」の意味が知りたい、何話か見れば意味わかるのかしら。


40代男性
事前情報無しに初見の感想は「暗い」。
アンダーグラウンド社会ネタなので仕方ないだろうが、新年早々これはどうなんだろう。
主題歌が好みなのでしばらくは様子見。


30代男性
とにかく1話では何もわからず、『刻刻』のジェノスタジオらしい作品。
とりあえず、同じく視聴者を置いていった『ID』よりは印象はよかった。



つまらなかったのでもう見ない

50代女性
PVを見た時からこょっと怖い系の話かなーと思ってましたが、当たりでした。
能力者モノでも、目障りな人間を操って殺したりと、主人公側?にあんまり感情移入できないできないので、もう見ないかな…



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/936-94f2eef8
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。