FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プランダラ 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


【海外の反応】プランダラ 第6話 『ベルモが言ってたことが真実であり、彼女が死んでいないことを本当に願っています。』

【海外の反応】プランダラ 第5話 『ツンデレだな、ジェイル。人形を修理させるために近づいてきた少女は面白かった。』




【海外の反応】プランダラ 第1話 『内容はどうであれ、設定は面白いな。』

【海外の反応】プランダラ 第2話 『間違いなく最初よりも良い、続きが気になるような終わり方で良かった。』

【海外の反応】プランダラ 第3話 『七つの大罪に凄く似てるな。』

【海外の反応】プランダラ 第4話 『設定も良いし、アニメーションも良いんだけど、ペースが』

ネット民の反応




このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「プランダラ」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

50代男性
リヒトーはカウントがゼロ以下(-999)なのに、なんでバロット送りになっていないのかと思ったが、結局ヒナの探し求めていた撃墜王だったって、見え透いた展開だったよな・・・、でも楽しい雰囲気のアニメでした。


60代男性
ひなの持っているバロット(ドラゴンボールみたいなの)にどんな価値があるのでしょうか?、そういえば軍人さん達がリヒトーのことをバロットホルダーだって言っていたので、きっとバロット持ってるんでしょうね、アビス送りになったひなの母さんもホルダーだったのか?


30代男性
数字が支配するという世界観が意外性があって興味深かったと思います。
青髪のヒロインも親を信じる素直さがあって可愛らしかったです。おもしろ
作品でした。


20代男性
主人公のリヒトーは爽快なまでに強いのは格好良かったですね。
それでありながらなにか影を落としたような性格は過去に何かあるみたいでそこも気になります


40代男性
伝説の撃墜王というのが実は怪しい仮面の男リヒトーのことだったというのは分かりきった展開でしたが、これぞ王道少年漫画アニメ!という感じで見てて気持ちよかったですね。


20代男性
原作を読んでいただけに期待通りの出来だったと感じる1話でした。
ヒロインがとにかく可愛く、リヒトーとのやり取りもしっかりと再現されていて満足感の高い出来だったと思いました。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

60代男性
これって、触手アニメ?


40代男性
まあ最初からこのコウメ太夫が伝説の撃墜王なのはなんとなくお察しだった。1話は思ったよりも面白かった。
これからの展開をしばらく様子見という感じです。が、ちょっと無理矢理女の子の股を開こうとするのはちょっとアレ。
内股の441の数字が正の字なら完全にアウトだった。


40代女性
プランダラといえばリヒトーの顔芸ですが、その動きがぬめぬめとしてとても気持ち悪かったのが好印象でした。
キャストの声優陣も違和感なく陽菜はかわいくて髪の毛の色も動きも可憐で一話としては満足です。
最後の顔が割れる演出とBGMがベタながらとても効果的で、立ち姿と相まって次回への期待感が高まりました。
是非このままのクオリティで2クール続いてほしいです。


40代男性
最低男は実は物凄く強いというテンプレ的な内容でしたが、こういうベタなヒーロー的展開は嫌いではないので今後もチェックしておきたい作品だと思いました。


40代男性
水無月すう先生の「そらのおとしもの」は好きだったので楽しみにしていた。
個人的にかわいいと思う女性キャラたちでうれしい。


40代男性
世界観がまだよく理解できませんが、数字が重要だと言うのだけは分かりました。
撃墜王とは何を指すのかが分かると見れるアニメにはなりそうです。


40代男性
この作者は「そらのおとしもの」も書いていたので、期待していた。
ヒロインの陽菜は母親の遺言で撃墜王を探す旅を続けて、主人公であるリヒトーと出会うのだが、はっきり言って変態としか思えない。
変態がキーワードになるのかと思ってしまうぐらい、陽菜にしつこく迫る。


30代男性
見入っちゃいました。漫画は読んでなかったのですが、分かりやすい内容で入りやすかったです。継続して観ます。


30代男性
こちらも5分はあっという間で、普段変態の主人公が一転してカッコいい登場シーンになるくだりは2000年代の作風に近い印象を受けました。


40代女性
テンプレート通りに作りましたという印象。
まあ、大体の人がそれなりに楽しめるようにできている
と思うので継続してみようかなという感じ。


30代男性
キャラクターの絵とか内容はそこそこ良かったと思いますので、一応は継続して見ていきたいと思っています。


50代男性
カウントという今までになかった概念が盛り込まれていて面白かったです。
ただ、エロ要素が多くて少し辟易したのも事実です。


30代女性
主人公の変態っぷりが際立つギャグパートと、かっこいいアクションシーンの両方があって面白かった。
剣を使って戦うようなので、アクションシーンがとても楽しみ。
体にある数字が身分のようなものという設定が面白い。
どんなカウントをしている人が出てくるのかもとても気になる。


50代男性
見どころは太ももですね。それだけと言っても過言ではないですが、嫌いじゃないです。
もう少し胸を、と思わなくもないですが、それは今後に期待ということで。


30代男性
昔なつかしのオープンエロ主人公は姿を潜めた伝説の人物、ヒロインは純粋でどこか天然でお人好し、とにかく古臭いテンプレまみれの第一話。だが、一周回ってそれがよかった。


30代男性
数字に支配された世界で、人々が己の数字を上げるために躍起になっているという世界観は中々面白いと思った。
現実を見渡してみれば、確かに我々も年収だの売上だの偏差値だのといった数字に振り回されているのである。
さて本作の主人公リヒトーは謎が多くて強いというよくありがちなタイプ。
彼が伝説の撃墜王だと思われるが、どうやって300年も生きているのだろう。



あと何話か見て面白くなければ切る

20代男性
初めからあの歌舞伎みたいな顔をした男の顔が普通に人間の顔になるとは思わなかったし、ヒロインの探していた人がすぐに見つかるとも思わなかった。


50代女性
ヒナが頑張って貯めたカウントすべて騙されて奪われちゃった時点で、撃墜王が現れる展開は予測できました、ただヒーローの普段の醜態は変態そのものでした。


40代男性
数字が支配する世界になったのは王や英雄がいなくなったからで、そんな世界を救う救世主として王や英雄を探すために歩いた距離もまた数値化されているというところに数字批判の数字という面白みが感じられた。全体的に安っぽさは否めないものの、この設定の良さを活かした物語を、エロ=ギャグシーンを上手く織り交ぜつつ展開してくれたら、もう少し良くなるかもしれない。


20代男性
初めからあの歌舞伎みたいな顔をした男の顔が普通に人間の顔になるとは思わなかったし、ヒロインの探していた人がすぐに見つかるとも思わなかった。


50代女性
ヒナが頑張って貯めたカウントすべて騙されて奪われちゃった時点で、撃墜王が現れる展開は予測できました、ただヒーローの普段の醜態は変態そのものでした。


40代男性
数字が支配する世界になったのは王や英雄がいなくなったからで、そんな世界を救う救世主として王や英雄を探すために歩いた距離もまた数値化されているというところに数字批判の数字という面白みが感じられた。全体的に安っぽさは否めないものの、この設定の良さを活かした物語を、エロ=ギャグシーンを上手く織り交ぜつつ展開してくれたら、もう少し良くなるかもしれない。


40代男性
原作を知らずに1話を見た感想。
「何だかよくわからない」
エロなのかギャグなのかシリアスなのか。
舞台設定も何だかよくわからない。
ファンタジーと言ってしまえばそれまでだけど。
とりあえず様子見。


20代女性
数字を増やす、ゼロになったら死ぬ等、内容的には面白いです。
ただ主人公の女の子の絵があんまり好きじゃないので見続けるか迷います。


50代男性
最初からチート級の主人公が無双するという作品は、どうにも楽しめそうに無い。
彼らなりに苦労してきてはいるのだろうけど、そういうのは仇役とかサブキャラにやってもらいたい。


40代男性
主人公の設定が第一話を見た限りではありきたりであまり面白みを感じませんでした。
シリアスとエロ・ギャグのパートがうまく混ざり合っておらずどちらも中途半端に感じました。
あと数話見て特に変化がなければ切ると思います。


30代女性
銀魂を連想させる設定は好きだが、この手のギャグは苦手でイライラされっぱなし。
耐えきれなくなったら視聴をやめる。



つまらなかったのでもう見ない

30代男性
重荷ともいえる数奇な宿命やお色気がこの作品の特徴と言えますが、脅しや暴力の正当化が見られていて、これらがすっかり台無しになっていました。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/942-ebbb0bae
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。