FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

イエスタデイをうたって 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


『イエスタデイをうたって』12話(最終話)に対する海外の反応「カラスを褒めよう」 : かいちょく

【海外の反応】イエスタデイをうたって 第12話(終) 『展開が早いのは気になったけど、この結末は俺が望んでいたものだ。』 : ネット民の反応
















関連記事

アニメ『イエスタデイをうたって』のED曲「籠の中に鳥」に対する海外の反応 : かいちょく



このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「イエスタデイをうたって」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

60代男性
こういうアニメ好き。ファンタジーではないし、超能力もない。
いいね、これと「波よ、きいてくれ」今期の目玉だ。


40代男性
青春時代の男女の思いや葛藤が描写されていて、自分が大学生の頃を思い出しました。
社会に流されたくない、でも何がしたいのかよく分からない、そんな気持ちよく分かります。


30代男性
少し古臭さは感じましたが全体的に丁寧に作られている印象でした。
青春群像劇は最近見ていなかったので楽しみな作品になりそうです。


30代男性
カラスをつれたミステリアスな少女が登場するのはインパクトがあって興味を惹かれました。
等身大の男性を描く現代劇で面白いと思いました。


30代男性
自分がこの作品と出会ったのはもう何十年も前ですが、アニメされるときき、楽しみにしていました。
自分のイメージしていた魚住さんとハルがアニメを見ていくなかで思い出されていき懐かしさを感じながら楽しく拝見させていただきました


50代男性
好き嫌いがハッキリ分かれそうな作品だと思いました。私はこういう青春ものはけっこう好きです。
主人公とヒロインたちの関係が今後どうなっていくのか楽しみです。


30代男性
学生時代見た作品を改めてアニメで見れて感動しました!
作品の完成度も高く、最終話まで視聴は決定です!!
ハルちゃん…かわいい…!幸せになってほしいって心から思います。


40代男性
原作が20年ほど前の漫画らしく、スマホが出てこず、カセットテープが出てくるような懐かしい世界観。
また当時人気だったギャルゲーっぽさもあり、その辺がいまの若いオタクに受けるかどうかはわからないが、変に今の時代に合わせていないのは好感が持てる。視聴継続。


50代男性
このアニメ、カラスになにか深い意味があるのかな?ハルってもしかしてカラスなのかもと思えてたけど、さすがに人間みたいだった、モテモテなリクオが羨ましかったけど、シナコに告白して振られる展開・・・でもなんだかこのまま終わらなそうな気もします。


60代男性
頭があがらない相手に告白するって・・・どうかと思う、付き合ってもきっと楽しくないだろうし、母親みたいな上から目線で扱われて、きっとうまくいかないだろう。多少性悪かもだけど、ハルってかわいいから、そっちと付き合えばOK。


50代女性
明るい晴ですが、どこか謎めいていて何かを抱えているようなのが気になります。
冗談めかしていても、陸生に一途に思いを寄せてきたのが伝わって、切なくなりました。
まさか、榀子とそんな接点があったとは驚きです。
晴の写真がきっかけで陸生の人生が変わり始めるのかも。
登場人物それぞれの思いが、どうなっていくのか楽しみです。


40代男性
動画工房さんの作品は初めて拝見しましたが、まず人物の作画がアニメ調でない冬目景先生のペンタッチを再現した描写に驚きました。(原作は未読だが他の冬目景作品は読んでいる)背景も緻密な描写ながら生活感がありますし、なにより目の動きなどの細かい芝居をアニメとは思えないほど付けていて素晴らしいです。キャラクターたちの距離感も携帯電話がない時代で頻繁に連絡を取れないので、キャラクターたちがお互いの心理的な距離感を詰めるべきなのかそうでないのか迷っていて絶妙な距離を保っているのがいいなと思いました。ストーリーもラブストーリーよりも青春群像劇の色合いが強そうなのでこれなら楽しめそうなのかなと思いました。(ラブ・ストーリーはいまいち興味が持てなくて苦手)


30代女性
昔読んだ漫画で、このキャラクターこんな感じだった!と懐かしさ混じりに見ていました。
キャラクターと声も合っていて、派手な内容ではありませんが、それぞれの心模様など丁寧に描かれているので、続きも楽しみです。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

20代男性
第1話を見て、、、いくつかのエピソードは有るんだけど、深刻にならず淡々と時が流れて行く感じが好き。
最後まで飽きずに見られました。


30代女性
原作は未読です。たまたま視聴しましたが、良い意味で今後の展開に裏切られそうです。
良くある青春ストーリーかと思いきや、突然現れた少女と片想いしていた彼女など、一話から次々登場するキャラクター達の恋愛模様が動いていく様に今後期待しています。また、映像がとても綺麗で、桜の花びらが舞い散るシーンが印象的でした。


40代男性
魚住はコンビニでアルバイトしている最中に野中が頻繁に来るようになった。
野中はなんだか色々と訳ありの子のように思う。


40代女性
魚住を中心に人間の関係が複雑になっていく感じがする。
野中も色々と訳アリの女の子のようで、家族がカラスだけと言うのもさみしいと思う。


30代男性
冒頭から今どきのどこにでもいる若者の姿を描いたような雰囲気がありなかなか良かったですが、ちょっと別アニメのカイジを思い出すようなスタートでした。ただ線が細いタッチでスマートな印象が強く、今後あのカラスの子や同年代の人達とどう関わり変わるのか気になりました。


40代女性
独特の空気感があってなんか見ていて落ち着く。
特にエピソードがあるわけでもない、日常の風景を描いているだけなのに
飽きずに見ることができた


20代男性
久々に見ごたえのあるアニメにあたった感じのする第一話でした。
アニメとはこのような「ありそうな感じなんだけれど、現実にはない。」という感じのものがいいですよね。


20代女性
無駄に明るくて前向きの内容ではなく、卑屈であったり後悔していたり後ろ向きの部分があるのが大人の青春って感じがしていいです。


30代男性
雰囲気的には大人になって学生時代にやり残した青春を取り戻していく的なアダルトな雰囲気だなっと思いました。


30代男性
20年くらい前の雰囲気がよく再現されていて懐かしい気持ちになる作品だと感じた。
原作未読なのでかなり期待を煽られる1話だった。


50代男性
時代設定が、おそらく数十年前(30年くらい前)のようなかんじがします。
丁度、自分自身の年代に合うように思えるのは、作品の雰囲気のせいか、、、?
とにかく、継続して登場人物たちの心理描写を観ていきたいと思います。


40代男性
イエスタデイをうたって、というタイトルから、勝手に金髪美少年のキザな話などかと想像しましたが、こっちのほうがいいと思います。自分が社会のはみ出し者だと悩むのが、若いなあと思いました。人の目なんて気にしても意味ない、と主人公に言いたいです。花澤香菜の声はスキだけど、カラス少女のほうが気になります。


40代男性
結構前の漫画が原作。
当時、暗い設定の漫画で有名な冬目景が書いた恋愛青春群像劇だったので、話題になっていたと思う。
原作よりもアニメチックになっているが、雰囲気は出ていると思う。
キャストが手堅いので期待したい。


20代男性
晴と榀子というダブルヒロインを中心にストーリーが流れていくという予想ができそうです。
陸生は大学卒業してフリーターという設定ですが、こういう設定は今の現代社会にもありがちなので、この設定はすんなりと受け入れられますね。
晴はかなり積極的に陸生にアプローチしている印象を受けます。
1話でいきなりダブルヒロインを絡ませるという物語もなかなか面白かったです。



あと何話か見て面白くなければ切る

30代女性
主人公と女の子の不思議な出会い方も偶然じゃなく、昔に会っていたことがあり長年の片思いの末の再会というのは甘酸っぱい。


30代男性
まずカラスを連れた少女に違和感あり。他作品の鬼滅の刃のカラスは受け入れられるが、今作はなにか違う。
現代社会が舞台でありながらカラスをすんなり受け入れているからでしょうね。都会のカラスなめないでください。
朝方のゴミ捨て場に群がるカラスなんか怖すぎですよ。
鳴き声もかわいくないし、低空飛行するものなら、人間は走って逃げますよ。とりあえず様子見。


50代女性
タイトルが「イエスタデイをうたって」とあったので、てっきり主人公バンドでボーカルでもやってんのかと思ったら、大学卒業してただのプーって、こんな男のどこがいいのかしら???


20代女性
意外と色彩豊かな絵柄で、原作が古い割には楽しめる作品でした。
最近の恋愛アニメの傾向に比べ、かなりスローペースでそれぞれの関係が進展していくので見る人は選ぶかと思います。


30代男性
正統派な青春もの、という印象を受けた。
1話にして早くもリクオ・ハル・榀子の三角関係が構築されている。
カラスをやたら印象的に使っているが、あれは一体何なのだろう?また榀子とは随分変わった名前である。
リクオは就職活動をしなかったという設定になっているが、個人的には就職活動をしたけどダメだったという方がよかったと思う。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/963-f0f00317
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。