FC2ブログ
 

海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ギャルと恐竜 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


『ギャルと恐竜』7話の「海外の反応」このアニメで泣く俺って




僕は完全にたまげた。アニメ『ギャルと恐竜』1話の「海外の反応」

なんてこった、俺は大好きだ。アニメ『ギャルと恐竜』2話の「海外の反応」

アニメ『ギャルと恐竜』3話の「海外の反応」見栄晴が恋しい。

アニメ『ギャルと恐竜』4話の「海外の反応」また日本に驚かされた

『ギャルと恐竜』5話の「海外の反応」完全に狂ってやがる

『ギャルと恐竜』6話の「海外の反応」実写パートの楓が可愛い

かいちょく





このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人へのアンケート


「ギャルと恐竜」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

30代男性
まさかあの短い漫画が実写化するとはおもいませんでした。しかも何回もやり方を変えてやるなんて最高でした。


30代男性
喋らないけど表示でたくさんのことを語る恐竜がとてもかわいく、ギャルの能天気さも面白いです。
後半に実写パートがはじまるのには衝撃をうけました。笑えて楽しかったです。


40代女性
恐竜と同じ部屋で過ごすとかどうなるのかと思っていたら、問題なく生活してたのに驚いた。
恐竜がラーメンが好きなのも意外。
箸が使えるのもいいね。
というか、うまそうに食べてたね。


40代男性
恐竜とギャルがどういう内容で描かれるのか、放送されるのを楽しみにしていた。
恐竜を拾ってこれる世界、すごいと思う。
しかも、部屋で普通に生活出来てしまう。


50代男性
恐竜ってネコ缶よりカップラーメンの方が好きなわけ?この恐竜ただのネコぎらいだからなのかもね、ネコも飼ってないのになんでネコ餌があるんだろう?


50代女性
このアニメは原作を知らないのですが、アニメと実写と両方放送する珍しいアニメだと思いました。
また、実写の方に俳優の見栄晴さんが本人役で登場したのもびっくりしました。


30代男性
実験的で斜め上の作品だと思いました。
2018年に放送された「ポプテピピック」に登場したキャラも登場、今後の展開も期待したいです。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

40代男性
ハートウォーミング日常恐竜モノ。という謎ジャンル。
ギャルは見た目ギャルだけで実はいい子(いい子と言っても酒飲んだ帰りに拾ってきたので大人だけど)で、恐竜がなんとも言えないフォルム。ギャルと恐竜の掛け合いが微笑ましくてストレス無しに見れる日常系作品。このご時世には必要な作品だと思います。


30代男性
実写ではなくアニメのほうがしっくりくる感じがする。
ギャル役の子の声がいい感じにマッチしていてぬるぬる動く作画も満足です。


30代男性
原作をきっちり再現している演出で個人的に面白かったです。
ギャルを演じている女性も今時な感じがでていて好感がもてました。


50代女性
恐竜がカップ麺を食べたがっていたのが予想外でした。
恐竜の好みは分かりませんが、案外ギャルが好きな物でもイケるのではないかと思いました。


10代女性
このアニメは、暖かくて優しい世界感を感じさせます。
嫌みやえぐみもないし、また、自然と笑えて後味かスッキリとした感じです。
キャラが、ものすごく表情豊かで、人間くさくて面白いアニメです。


30代男性
ギャルと恐竜なんて、タイトルからして全然想像ができなかったので見てみましたけど、なんとも言えぬ面白みがあり、これからどんな風に話が進んでいくのか楽しみです。


20代男性
恐竜がまるで未確認生物のように見えます。しかも人間生活にある程度は慣れている様子。
ギャルはマイペースのように見えますが恐竜に食べ物を与えたりと優しいところも。
ギャルちゃんの部屋がお洒落でそこにカップラーメンを食べる恐竜との対比が面白い。
このアニメの作風としてはゆるめのショートアニメ系の作品によく似ていますね。
時々見ててわからなくなることもありました。


30代女性
アニメ画、実写、立体とさまざまな表現でカオスといった感じでした。ここは見る人によっては好き嫌いが分かれてしまうかもしれませんね。
私は、どれも楽しめましたが、やはりアニメ画>立体>実写といった感じになりました。
実写も悪くないですが、必要性を感じないという印象がありましたね。
恐竜ちゃんが表情豊かでセリフはないものの充分言いたいことが伝わってきて、かわいかったです。


40代男性
アニメ、実写パート共に恐竜は何も話さないのですが表情とジェスチャーでなんとなく伝わってくるのが面白く感じました。突っ込みどころも多いですがそれが持ち味ですからそのまま話が進むのでしょう。のんびりした内容が気に入っています。


30代女性
まさか、実写があるとは思わなかったです。なんなんだろう。アニメの方はほのぼのしてて、よかったです。
気にしないもの同士、いいんじゃないかなと。それより実写は何だったんだろう。
しかも、気になる終わり方で、アニメとストーリーが少し違うし、混乱したままです。



あと何話か見て面白くなければ切る

30代男性
ギャルと恐竜のやり取り自体は面白くなりうる可能性に満ちているが後半の実写は間違いなく要らない


60代男性
いやー微妙ですね。癒しアニメの好きな人はいいけど、関心のない人は敬遠するでしょうね。
ところで、実写パートは必要?なんかしつこいなと思うんですけれど。


20代女性
ギャルのさっぱりした性格が笑いを誘いました。
でも、これが淡々とアニメで続いていたら飽きてしまいますが、後半では実写に変わり、『おじさんと恐竜』になっていたのでもう少し見てみようかなと思いました。


40代男性
低人数低予算のCGアニメのようかと思えば、クレイアニメっぽくなったり、唐突に実写になったりと
実験作のような印象を受ける。
作りたいものを作ってるなと思うが、視聴者がそれを見たいかといえば、必ずしもそうではないわけで。
しばらくは様子を見てみようと思う。


20代女性
恐竜の絵のシュールさが面白くて気になりました。
主人公のギャルの子も、物怖じする様子無く
淡々と受け入れている様も面白いです。
ただ、ネタ切れが早そうな気も?
様子見です。


20代男性
何も考えなくても楽しむことのできるアニメだからそこそこ面白いとは思うけどそれだけなんですよね。
だから、次回も見たいとは思わないんだよね。


30代男性
結論から言うと世界観が特殊すぎる。
恐竜という存在なのに周囲が普通に認知している。
ただギャルの優しさみたいな心(隣人愛みたいなもの)も感じられアットホームな日常系アニメ。
暇なときにまた見ても良いかなっていう評価でした。


50代女性
ミエハル君を久々に見ましたが、老けたなあとしみじみ感じました、でもこれじゃあ「ギャルと恐竜」じゃなく、「おっさんと恐竜」じゃん。恐竜かわいい


30代男性
新しいですね。
Aパートはアニメ。Bパートに実写を持ってくるとは、さらにキャラの性別まで変えてくるとは。衝撃でした。


30代男性
作りがポプテピピックととてもよく似ている。調べたらキングレコード制作であった。
面白さはポプテピの方が遥かに上だと思う。実写で見栄晴が出てきたのには心底驚いた。



つまらなかったのでもう見ない

30代女性
正直面白くなかったです。全体的にすべっていて居たたまれない気持ちになりました。ってか実写パートいる??
あと30分は長いです。途中で眠くなってしまいました。ショートアニメにすれば良かったのに…。
原作が割と好きだっただけにこの出来は非常に残念でなりません。


40代男性
ギャルも可愛くなくて、恐竜もリアリティーがなくて、全体的に見所もなく、つまらないと思いました。
後半の実写も意味がわからなかったと思います。


30代男性
アニメパートはシュールな面白さがあってそれなりに楽しめたのですが、それ以外のパートが本当に余計で無駄な時間だと感じました。
アニメパートのみのショート枠だったら見られていたと思うだけに残念です。


20代女性
原作を少し読んで面白そうだったのでアニメも見たのですが、私のイメージと違いました。
動く恐竜は可愛かったのですが、個人的には原作の方がゆるくて好きです。
アニメだから恐竜が喋るのではないかと心配していたのですが、それはなかったのは良かったです。


20代女性
ひとつひとつのストーリーはまとまっていて見やすかったです。
ただ尺が短く、おまけが多すぎる感じがしました。
実写パートは発想が面白いと思ったけど、少し話を変えてるにしろ1話を二回繰り返されると飽きてしまいました。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hannoumatome.com/tb.php/976-1fbe3eb9
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。