海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
スポンサーリンク
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
スポンサーリンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

現在アンケートを実施中です
結果は後日、記事にアップする予定です。

クリックするとアンケート用のページに移動します。



「風都探偵」の第1話を見た感想

プリマドール 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


<海外の反応まとめ>プリマドール第5話、レーツェルさんがやってきた




<海外の反応まとめ>プリマドール第1話、機械人形の世界

<海外の反応まとめ>プリマドール第2話、月下の決意


<海外の反応まとめ>プリマドール第4話、純真な鴉羽の心

国際的アニメ日常








日本人へのアンケート


「プリマドール」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

30代男性
灰桜の活躍しているシーンが印象に残りました。
人形たちが働いている喫茶店で、灰桜が活躍できるのか見どころであると思いました。
意外な特技を持っているのか注目して観ていました。
灰桜が誰かの役に立ちたいと思っていたことに感動を得ることができました。


20代女性
現時点では、ほのぼの系の日常アニメって感じで可愛いけど、機械人形撲滅みたいなポスターがあったから、のちのち怖い展開になったりしそうですね。
でも夕薙さんのお話は、切ないけど素敵でした。


30代男性
機械人形と心を交わす人間の少女との関係性が切なく、それでいて感動出来るもので良かったです。
キャラクターも華やかで楽しめました。


40代女性
壊れてしまった戦闘用自立人形オートマタと呼ばれる少女が目を覚ますと研究所のような所にいて喫茶店を通り越して外に出てしまってハラハラしました。
外にはもっと幼い少女がいて仲良しになったけど、街では戦いがまだ続いているようで戦闘ロボが二人に向かって行ったけどオートマタの少女がロボの機能を停止させたのはビックリしました。
彼女は初期化されたので記憶も無くて喫茶店の仕事をやらせるけど何も出来ないポンコツだったのは笑えました。
仲良しになった千代から昔仲良しだったオートマタのお姉さんを探していると聞くと、喫茶店で眠っているオートマタだったのはラッキーでしたね。
灰桜は夕霧に千代が歌っていた歌を聞かせると目覚めたのは奇跡で、千代と再会出来たのは良かったけど壊れたままで記憶が出来ないのは可哀想でした。
一瞬だけど幸せな時間を過ごして夕霧が眠りに付いたのは心が温かくなりましたね。
軍人のお姉さん奥宮おとめが登場したので、灰桜の世界が広がっていくのを楽しみにしています。


40代女性
作画が奇麗だし灰桜ちゃんのドジっ娘ぶりにも癒やされるけれど、根本的にあるのは戦争とそこに送り込まれていた機械人形のお話なので、胸にチクッと刺さるものがありました。


20代女性
可愛い人形の少女たちのお話で、着物に身を包んでいる姿が可愛らしくとても面白いアニメになっていて次回もどんな展開になっていくのか気になる作品でした。


40代男性
キャラクターの可愛らしい造形からは想像もできない過去があるようでかなりシリアスな物語のようです。
人形が人間らしく生きていくのが見所で、様々な感情が沸き上がっていく作品になっていくのでしょう。


30代男性
可愛い少女が実はオートマタで戦いなどに使用されているということでなかなか重そうなお話だと思ったのですが、日常パートはほんのりしていてとても良かったです。
千代と夕霧の絆がとても感動しました。
これからの展開がとても楽しみな作品だと思います。


30代男性
オートマタの少女たちがとてもかわいらしかったのが印象に残りました。
出会いのシーンはなぜかローゼンメイデンを思い出したかのような気分にさせてもらい、懐かしさやこういうアニメを見たかったという気分にさせてもらえる1話でした。
アニメ初見なので先の内容はわかりませんが、来週も楽しみなアニメが一つ増えました。


30代女性
人形とはいえこの世に産まれ人殺しの手伝いをさせられるなんてと博士が思っているとお父様の為に桜花はお役に立てますと言って健気で良い子だなと思いました。
戦闘行動を開始せよと言った時は輪として格好良いなと思いました。



継続するつもりで様子見でもう少し見る

20代女性
しまゆきちゃんとかあじゅの声がキャラにどハマりしていて聴き惚れました。
可愛いという概念だけで胸がいっぱいです。


50代男性
ハイザクラはロボットに命令を出せる能力があるのかな、ユウギリも命令されて最後の一仕事をした感じですかね。
最後はちょっと悲しいストーリでした。


20代男性
大正ロマンの世界観があって面白いなと感じました。
ただわざとらしい泣き所を作る脚本で、
登場人物をただ出しただけで、話を展開せず視聴者に思い入れを抱かせないまま、ただ泣かせよう泣かせようという下心が透けて見えたので様子見かなと思っています。


30代女性
戦後、外国文化の流入、オートマタというロマンあふれる要素がぎゅっと詰め込まれていて、あっという間の1話でした。
続きも気になります。


40代女性
かわいいと思いました。
和風な感じがする。
難しい内容かと思いながらも、柔らかい内容かなと思います。
回想かなとも


50代女性
きらら系みたいな、ふわっとした喫茶店女の子アニメだと思ってたのが、戦闘に特化したドールという設定で、ちょっと興味がわきました。
でもKeyだし…泣きアニメなのかな…


40代女性
ほんわかするストーリーと心が痛むストーリーが同時に会って、不思議な感じでした。
でも、灰桜のほっこりする性格が可愛かったです。
皆あんぱんのあんこがついているのが可愛すぎました。


30代男性
作画が綺麗でキャラクターがとても可愛かったです。
話の雰囲気は重そうな感じでしたがこれからどうなっていくのか楽しみです。



あと何話か見て面白くなければ切る

20代男性
一話目だからしょうがない部分もありますが、設定から話まで雑すぎます。
ひょっとしたらそのような部分をこれから説明して補足するスタイルならばもう少し見てみたいと思います。


50代女性
千代もオートマタだったのかしら、涙を流すオートマタって、ほとんど人間っぽい、このアニメの登場人物で誰が人間で誰がオートマタなのか判別できないわね。
全てオートマタなの?


40代男性
作画は綺麗で申し分ないのですが、物語の世界観が今一つ掴みとれませんでした。
もう少し見てから視聴の継続を考えます。


30代女性
内容はあまり自分の好きなジャンルではないですが、絵がかわいいのでとてもみやすくてまた次の話もみてみようと思いました。


30代男性
絵柄は可愛くていいのですが、話を詰め込みすぎというか無理やり感動話にもっていこうとしている感があってちょっと勿体無いなと思いました。


50代男性
1話から「さぁ泣け!」の押し売りで興ざめでした。
いくら美形でもなんの思い入れもないキャラに感情移入は出来ません。
そもそも話自体面白くない!まぁ作画は良いのでもう少し見てみます。


30代男性
戦後や不要となった自立人形の新たな居場所という世界観が好きでした。
さらに可愛いイラストとは裏腹にしっかりとキャラクターたちの人間模様も描かれていたのがよかったです。


30代女性
ロリアニメだと思って観てみたら、戦争で心に傷を負った少々達の話で、不覚にも、1話から泣かされてしまった。


30代男性
一見「ごちうさ」のようなビジュアルに「サクラ大戦」的な雰囲気を入れて重い流れにしようとしてる印象でしたが、多少無理やり泣かせにいこうとしてる感が気になったかも?


30代男性
作画とキャラクターデザインはよかったですが、話の流れや展開が飛び飛びで視聴者を置いてけぼりにしているような印象を感じました。



つまらなかったのでもう見ない

60代男性
悪くはないが、駄目です、私には・・・。


20代女性
作画はとてもかわいいですし、ほんのりとした感じと不穏な感じのバランスもいいとは思うのですが、自分には退屈でした。


20代女性
最初の始まりから観て絵が好きじゃないし、話もよくわからなかったから観ていても全然分からなかったのでみるのやめました。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
https://hannoumatome.com/tb.php/1211-b0c848bf
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
スポンサーリンク
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

AutoStream
当サイトは、広告サービス「AutoStream」を利用しています。 広告配信事業者は、利用者の興味に応じた広告を表示するためにCookie又はLocalSotrage等のトラッキング技術を使用することがあります。これによって利用者のブラウザの情報などを識別できるようになりますが、個人を特定するものではありません。 各事業者のオプトアウトリンクや「AutoStream」に関する詳細は、https://flux.jp/autostream-devicepolicy/ をご覧ください。
Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。