海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

現在アンケートを実施中です
結果は後日、記事にアップする予定です。

クリックするとアンケート用のページに移動します。



「もういっぽん! 」を見た感想

The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


【閃の軌跡NW】第4話 青い結晶の打ち解け【海外の反応】




【閃の軌跡NW】第1話 誰そ彼は……黄昏の英雄【海外の反応】

【閃の軌跡NW】第2話 集いし不快な漆黒【海外の反応】

【閃の軌跡NW】第3話 闇に覆われた紺碧への招待【海外の反応】

フロムOverSS









日本人へのアンケート


「The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

50代男性
英雄の孫であるラヴィアンが、再び英雄になるというストーリー展開なんでしょうか、配下も仲間もいない感じだし、ローガンを差し置いて革命を起こすことが可能なのか、見物です。


30代男性
主人公こそオリジナルキャラになっていますが、どちらかと言えば原作ゲームをやったファン向けの印象が強いですね(とはいえ原作ゲームのファンなのでアニメ化は嬉しいですね)。


20代女性
軌跡シリーズってよく聞くゲームなので気になっていたけれど、話が続いているらしいので、結局プレイできていなかったから、アニメで見られて嬉しいです。
序盤にちゃんと説明もあって、すんなりアニメの世界に入れそう。


40代女性
物資運搬の警護をしている傭兵部隊は雪の中を進んでいて順調だけど、退屈だとイバーノが雪玉で新人イビリを始めたのは呆れますね。
新人のラヴィアンは全く相手にしてないように見えたけど、あまりのしつこさに反撃したのは笑えました。
魔獣の痕跡を見つけて村が襲われている事が分かったのはお手柄だし、真っ先に突っ込んで行ったのは勇気ありますね。
傭兵部隊は村を救出して良い人達なのは安心したし、州都ハリアスクに到着すると事後処理までしてあげたのはビックリしました。
無鉄砲に行動したラヴィアン達は減給になったけど、一緒に食事をするほど仲良しなのは微笑ましかったです。
革命の記念碑で助けた村のお婆さんは英雄を称えるけど、北の猟兵の幹部ローガンは自分が革命を起こすと民衆に宣言して何をするのか楽しみです。
ラヴィアンもかつての英雄の孫である事が判明したし、帝国の英雄が頭角を現して来たので二人が出会う事を期待したいです。


50代女性
原作(ゲーム)を知らないので、ついて行けるかな?と1話様子見視聴。
モブ兵士?がめっちゃ丁寧に解説してくれて(笑)結構わかりやすい導入でした。
作画は微妙かな…と思ったけど、戦闘シーンはしっかりしてたと思う。
主人公が無口すぎて(笑)ほとんどしゃべってなかった?



様子見でもう少し見る

30代男性
一話目ではまだまだ世界観の全貌がつかめないと思いました。
ただ思った以上に世界を覆う戦況が荒んだものであり、後には見どころあるシリアスな内容に発展するかもという期待が持てました。
続きもとりあえず見たいです。


50代男性
第一話を観た限りでは、イマイチ世界観がわからなかったのですが、タツノコプロ制作作品ということで少し様子見しようと思います。


30代男性
ラヴィアンの戦闘力がすごいと思いました。
物怖じせずに敵に立ち向かうところがとてもかっこいいと感じました。


30代女性
作画崩壊とまでは言いませんが、構図が若干崩れているシーンがあるように感じました。
主人公がテンプレ設定なのも少し気になります。


40代男性
シリーズの内容を知っていないと1話では把握するのは難しいようですね。
キャラ紹介だけでなくバトルシーンを入れたことでどんな作風なのか想像できる展開にしたのうまいやり方だと感じます。
重い話になるみたいですので見るのが難儀になっていきそうです。


30代男性
第1話に登場したラヴィアンをはじめとした兵隊の服がファイナルファンタジーⅦの神羅カンパニーの神羅兵に似ていたので愛着が持てました。
ラヴィアンの取り巻きの2人の兵隊もガンダムなどに登場する素行は悪いが戦闘には参加する人達で気に入りました。
戦闘シーンも迫力がありキャラクターのデザインも良く絵も綺麗なので引き続き視聴し続けていきたいと思います。
原作ゲーム版は未プレイなので物語についてはわかりませんがもし面白ければゲーム版の購入も検討したい思います


40代男性
日本ファルコムのゲームのアニメ化なんだけど、一話はとにかく説明回って感じだった。
戦闘シーンとかは見応えがあったけど、これゲーム未プレイの初見の人はついていけてないんじゃないかな? 普通に面白いんだけど、二話以降をしばらく見て判断したい感じ。


20代男性
行軍中に雪合戦した時は笑った。
ラヴィアンの勇敢さと身体能力のヤバさ加減がわかった。
これからのラヴィアンの成長と祖父の話が気になりました。



あと何話か見て面白くなければ切る

60代男性
なんか作画がチープな感じがするなあ。タツノコプロか。最近のタツノコ、へぼいからな。(例:エガオノダイカ)


20代女性
言ってしまえば、よくある流れであり、これと言った突拍子もない意外性に富んだストーリーには全く思えなかったです。


50代女性
突如現れるモンスターらしき怪物、意外と簡単に銃でやっつけられるわね、ラヴィアン達の猟兵団って一体何と闘っているのかしら、モンスター?それとも人間同士???、モンスターって実は人間に操られているのかしら?。


20代男性
正直微妙です。
制作に時間を割くことのできる一話目からこの作画ですと、2話以降というか中盤以降に作画崩壊までありえそうな雰囲気がプンプンします。


40代女性
前半は戦闘服でほぼ顔が分からない状態だったので、何のために戦っているのかさえ理解できず。
ローガンとの確執が判明したので次週に期待します。


40代男性
鎧?で武装されているキャラクターが多くて、設定上では当然のことかもしれないがキャラの外見上の個性に乏しかった。



つまらなかったのでもう見ない

50代男性
昨今のアニメとしては、キャラクターの絵が下手すぎる。


20代女性
狂言回しっぽいキャラの説明ゼリフがあまりにも多くて、かなり目につきました。
唐突な展開もあり、ついていけない感じがありました。


50代女性
まず、話が分かりにくいなと思いました。
番組説明を見て、やっとわかるレベルでした。
また、ボルシチが出てくるので、現実の国の名前を変えた国をを舞台にした戦争なのかなと思いました。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
https://hannoumatome.com/tb.php/1260-26d5d686
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。


Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。