海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

【海外の反応】魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第6話




【海外の反応】魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第1話 「真のあるオタクなら必ず見るべきアニメ!世界中のオタクのために!」

【海外の反応】魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第2話 「ある種のタイムループの領域に向かっているのではと思えてきた」

【海外の反応】魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第3話 「これが魔法少女アニメの第3話ってやつか」

【海外の反応】魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第4話 「水着バージョンの衣装まで持ってるのか」

【海外の反応】魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第5話

ネット民の反応






日本人へのアンケート


「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」の第1話を見た感想


面白かったので最後まで見るつもり

30代男性
設定が強烈なもので導入部分から突っ込み要素満載で楽しめました。
アナーキーちゃんが情熱的にオタクヒーローを説得する展開は熱いもので良かったです。
オタクたちの未来がどうなるのかという続きの物語も楽しみになりました。


50代男性
オタクヒーローと魔法少女たちの出会いと戦いの始まりがダイナミックに描かれていてエキサイティングでした。
禁止されたオタク文化に寄せるキャラクターたちの心のひだのようなものが丁寧に描かれていた点もよかったと思います。


40代女性
アキバや大阪でオタク文化が没収され、オタク達が捕まって牢屋に入れられてビックサイトに放置されているとは人権侵害も甚だしくてビックリです。
冴えなくて便り無さそうなオタクヒーローがリーダーとなって戦っていたのは凄いけど、だんだん弱まる勢力にやる気を失くしていたのは可哀想でした。
魔法少女のアナーキーが喝を入れるけど、大規模な抗争が起こってしまってハラハラしました。
アナーキーの熱い思いがオタクヒーローに届いて復活したのはホッとしたし、オタクヒーローのカリスマ性にドキドキしました。
やる気になったオタクヒーローはビックサイトに乗り込んで魔法少女のブルーを助け出しす事に成功して良かったけど、ブルーがエッチな変態で捕まったのは自業自得とは笑えました。
オタクヒーローの側には不思議な生き物がいるし、魔法少女が存在していてピンクという女の子も登場するようなので、これから何が起きるのか楽しみです。


40代男性
オタクとしては、オタク文化の弾圧がテーマとなっているので続きが気になる。
主人公サイドが抵抗勢力にどう立ち向かっていくのか楽しみ。


30代男性
オタク文化のためにオタクたちを導いて戦うオタクヒーローの姿がなにはなくとも熱い。
魔法少女アナーキーちゃんは尖った名前とは裏腹に健気で可愛く、最後に少しだけ出番のあった魔法少女ブルーも少ない出番にも関わらず個性的な性格がうかがえる。
彼ら彼女らがこれからどんな活躍をするのか楽しみです。



様子見でもう少し見る

60代男性
ギャグがいまいちですね。様子見します。


40代女性
中野・大阪日本橋と、オタクの聖地が次々攻撃を受け全崩壊した光景に涙目。
それでも、アキバ解放区らしい「おでん缶爆弾」で反撃したシーンでは少しテンションが上がりました。


30代女性
電池少女みたいな設定のアニメだったけれど、さすがにストーリーまで丸かぶりって事はないだろうから、今後どうなるか楽しみです。
色々ぶっ飛んでいたけど、声優豪華すぎ。


50代男性
なかなかぶっ飛んだ設定が面白い、なんか黒幕の存在も匂わせる展開が今後のストーリーに期待できそうなので様子見してみようと思います。


30代女性
魔法少女モノはハズレがないかなと思い、特に予習もせずに見始めましたが内容がちょっと独特かなぁ…と思います。
声優さんは好きな方ばかりなので、これからの展開に期待したいと思います!


30代男性
キャラデザも演出も20年前の作品を見ているようでした。
でもこの手の古臭さを感じる作品嫌いじゃないですし、ファイル―ズさんのことも好きなので、6話くらいまでは見続けようって思える第1話でした。


20代男性
秋葉原が好きなので面白い設定のアニメだと思いました。
個性的なキャラクターばかり登場するので面白いです。


30代女性
オタク文化が規制され、オタクが捕まっていっているっというのは理解できました。
オタクの聖地を自由を尊厳を取り戻すべく、奮闘する話だと思われますが、
正直、第一話にしてキャラクター像もストーリーも、何を伝えたいのかがイマイチよく分かりませんでした。
もう少し、分かりやすく描写してほしいです。


20代男性
絵柄が少し古くさい感じがあったので、まだ慣れるまで時間がかかりそうな気がしました。
しかしストーリー展開はかなりテンポがよく、これからに期待です。


30代男性
とても面白かったです。
魔法少女はすごく破天荒ですし、リーダーはメガネのオタクですし、世界観がとても最高でした。


20代男性
 オタクが迫害される世界のアニメは見たことあったけど、敵方が政府というよりもロボットみたいなものなのは初めてかも。
 面白くはあるけど、どうしても見たいかと言われたらそうでもない。


50代男性
余裕でコタツみかんからのお茶すすって、鼻くそで巨大な敵をほふるって、どんだけつえーんだ。
ピンクとブルーも揃ったら、どこまで強くなるのかなッ?


30代男性
秋葉原の風景や、少し出た中野の風景及び、退廃具合など、見ていてリアルだと思った。
なので、リアルに物語の様な状況が起きたら、どうなるのか?考えさせられた。
オタクヒーローがどんな成長?を見せるのか?
それとも、これからどんなどんでん返しがあるのか?
まだまだ、展開が読めない要素があり、テンポのいい進行と共に、もう少し見ようと思っています。



あと何話か見て面白くなければ切る

30代男性
オタク排除のディストピア世界までは良かったのですが唐突に魔法を使い出したりして設定がよくわからないですね。
盛り上がるはずの場面でもいまいち盛り上がりに欠けるし演出面でも弱いと感じました。


20代男性
オタク寄りの作品ですね。
現実世界では気難しい顔をして、何でも人任せの他力本願の権化がオタクですが、アニメの世界では立ち上がるのですね。


20代女性
ぶっ飛んでいる感じがしてインパクトはあるのですが、同時にすべっている感も否めず、あまりついていけませんでした。


30代女性
街の様子やオタクの姿以上に、それを支配・排除していく様子がとても興味深い。
リアルではないようでリアルな雰囲気のところもあって、まずは排除する様子が要注目だった。


20代男性
1話の最初から最後まで意味の分からない作品だなと思いました。
作画もそこそこなので今のところ良いところは全体的にド派手だなと思ったところです。
2話以降はもっと面白い話になると期待して2話を見たいと思いました。


30代男性
オタク弾圧に立ち向かう流れで作画に気合いが入りまくってるのが感じられますが、この世界における魔法少女の説明がやや不足気味だったかも?(これからかもしれませんが)


50代女性
オタクヒーローはなぜ突然リーダーを辞めたくなった?再び戦う気に戻ったのはなぜ?なんかよくわからなかったけど、アナーキーがいれば無敵だわね。


40代男性
良くも悪くも破天荒な作品なのはよく分かりました。
オマージュが多く元ネタを知っているとニヤリとするような演出が多かったですね。
今の所は勢いが凄いですが、今後はストーリーをどうまとめるのかが鍵となるでしょう。



つまらなかったのでもう見ない

30代男性
3話で化けたら教えて


20代女性
時代錯誤感は否めないし、いくつかのアニメをくっつけたに過ぎないストーリーはやはりオリジナリティも何も無いと思いました。


30代女性
まず一番に、キャラクターに魅力が無かったです。
キャラデザはかなり古く感じました。
特に女の子のキャラクターが可愛くないのは致命的だと思います。
話のテンポも微妙でした。


60代男性
横暴な国家権力に対抗するオタク達の闘争、というテーマは作り方によっては優秀な作品を生む可能性があるのではないかと思って観ました。
 しかしこの作品は脚本も作画も雑だし、モブ扱いの官憲側にも悪役として光るものが何もないと言うか... それなりの声優さんを揃えているのに残念です。


50代女性
オタクがしいたげられている世界が、どういった目的でそうなっているのかが全く分からずで、私にはちょっと幼い展開に思えました。


40代男性
タイトルからいわゆる百合系アニメをイメージしていたのと違い、映像やストーリーが激しい感じになっていました。
視聴者の好みがはっきりと分かれるアニメという印象を持ちました。



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
https://hannoumatome.com/tb.php/1293-7932e7b8
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。


Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。