海外の反応アニメまとめ

アニメの海外の反応や感想をまとめたブログです。
 
 
最新記事
プロフィール

反応太郎

Author:反応太郎
当ブログはリンクフリーです。



更新情報をつぶやいています。

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
当ブログに載っていないブログやアニメの情報等ありましたら、 コメント・メールフォームより教えて頂けるとうれしいです。
(「かいがいの」「翻訳ゲリラ・改」、機械翻訳のブログは掲載できません)

また、アニメの海外の反応を取り扱う、 ブログ管理人の方からの掲載依頼を受付中です。 お気軽にお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

現在アンケートを実施中です
結果は後日、記事にアップする予定です。

クリックするとアンケート用のページに移動します。



「もういっぽん! 」を見た感想

ウィッチクラフトワークス 海外の反応・感想 


スポンサーリンク


「ウィッチクラフトワークスってハーレムアニメなの?」海外の反応

ウィッチクラフトワークス「どの魔女が好き?」海外の反応

ウィッチクラフトワークス「妹はストーカーなのか?」海外の反応

ウィッチクラフトワークス 第3話「多華宮君とクロノワールの罠」海外の反応

ウィッチクラフトワークス 第4話「多華宮君といじわるな妹」海外の反応

ウィッチクラフトワークス 第5話「多華宮君と石眼石手の魔女」海外の反応

ウィッチクラフトワークス 第6話「多華宮君と愛の試練」海外の反応

ウィッチクラフトワークス第7話「多華宮君とノブレス・オブリージュ」海外の反応

ウィッチクラフトワークス第8話「多華宮君と火々里さんの傷」海外の反応

ウィッチクラフトワークス第9話「多華宮君と終わりの魔女 」海外の反応

ウィッチクラフトワークス第10話「多華宮君とウィークエンド・前編」海外の反応

海外の紳士達の反応





日本人へのアンケート


「ウィッチクラフトワークス」を見た感想


30代男性
ウィッチクラフトワークスのアニメについて、一言で言うなら「キャラ萌え」です。
自分は原作組ですが、原作も特にストーリーが面白いという事ではなく、登場するキャラ一人一人に魅力を感じています。
アニメも然り、正直原作を読んでないとよくストーリーが分からないかもしれません。
しかし悪い所ばかりではありません。
ヒロインの火々里綾火や、主人公の妹の多華宮霞などの人気キャラはイメージ通り声で、よく動いてくれていますし、使い魔である摩訶ロンVSウサ騎紙団の戦いなどは、とても見応えのある内容になっています。
万人に愛される作品とは言いませんが、可愛いマスコットやクールキャラが好きな方にはオススメできる作品です!


40代女性
魔女っ子モノは定番と言えば定番ですが、このアニメは「普通の高校生が魔女をやっていて、且つ他にも色々な立場の魔女が沢山いる」という設定が新鮮で面白かったです。
そして「塔」と「工房」、敵味方という線引きがあいまいな点もこのアニメの面白さの一つだと思います。
個人的にはKMM団がメチャクチャ好きです。
強くもないし頭もよくないのに虚勢を張って炎の魔女にサクッとやられるところが面白すぎます。
彼女たちが歌ったEDもテクノポップで超お勧めです。
アニメはウィークエンドの敗北のところで終わりましたが、原作は続いていますし相変わらず面白いので続編が待ち遠しいアニメです。


30代男性
主人公が多華宮君と呼ばれるのが印象に残っています。
君付けで呼ばれるのが新鮮でした。
敵キャラも魅力的だったので、見ていて楽しかったですね。
エンディングの内容が印象的でした。
キャラが可愛いのにやってる内容は過激。


コメント
EDを時々思い出してYouTubeで聞く。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
https://hannoumatome.com/tb.php/204-1fda983f
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
Google AdSense / グーグルアドセンス
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。


Amazonアソシエイトプログラム
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供する事を目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムになります。 このプログラムにより第三者がコンテンツ、宣伝を提供し訪問ユーザーの情報をCookieにより収集する場合があります。 プログラムにより収集されるCookieデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについて詳しくは「Amazon.co.jp プライバシー規約」に記載されています。

アクセス解析について
当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。これらのアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。

収取したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについてはGoogleポリシー基づいて管理されます。詳しくは「ブラウザによって送信された情報の Google での利用について | Googleポリシーと規約」に記載されている内容からご覧いただけます。